5 自然科学地理風水の応用事例

自然を科学し応用されたアイデアは時代に先んじ、進歩をもたらすが、それが理解されるまで多難を要する。まず誰からも本気にされない、次に理解を図るため実証を重ねる。そしてようやく認知され、その過去は消え去る。これまで自然を科学し応用された事例を紹介しながら、日本列島は生命力溢れるパワ-大地です。その特有の火山、断層地に世界が注目する健康資源のアイデアが眠っています。自然を科学し、科学的に解明され、人工的に開発され市場化された健康環境への応用事例について語ります。

 

5-1 自然磁気を応用した人工磁気医療機器 

風水学の原理を科学的に分析した台湾の風水学博士によると、「人体には常に電流の伝導と電位の変化によって磁場を生じ、その磁場と地球からの磁場がお互い反応しあって作用している。人体の赤血球に含まれる鉄分が、血液の流れる時に地球の磁力線の働きを受けて、人体に影響を及ぼしている。」なお、地球の磁力は、地球の2/3は外部磁場、電離層中の大気電流による。地球内部からの磁場は1/3。外部磁場は太陽活動に密接に関係している。地磁気は日変化があり、夜明けに東のほうへ強く偏っていく。人が干潮に引かれるように冥途に行く時刻と一致する。人は宇宙の生命体として、自然と共に生き、自然と去っていく。

磁気異常は生物の体内 リズムが不安定となり、さまざまな動物に異常行動が現れることは明らかにされているし、人間においても心臓病や神経病が認められる。人間は磁気を感知する器官をもたないために、磁気環境の乱れに対して無防備同然である。しかし、季節の変わり目には体調を崩しやすいように、理由もなく起こる心身異変は磁気環境の乱れが原因ということもありうる。 

地球の磁力の低下とともに、我々が毎日生活している環境磁場での磁力は異常に低くなっているという点だ。

我々の居住空間や職場の鉄筋コンクリートの建物の中の環境は数百倍から数千倍も磁力を吸収しやすいため、磁場は極端に減少してしまうのだ。自動車や通勤列車内の地磁気は非常に少なく、現代人の生活空間は慢性的磁気欠乏状態に陥っていると推測される。成人病の傾向として、自律神経系に関する病気、肩こり、腰痛、頸肩腕症候群、習慣性の便秘、不眠症、頭痛や頭重感、原因不明の胸痛、手足の不定の痛み、背中の痛み、原因不明のめまい、足のだるさ、身体のだるさなどを訴える人が非常に多い。医者の診断でも原因不明、決定的な診断が出ない。医学的に磁気欠乏症候群という病名はいまだない。 

風水学の原理を科学的に分析した台湾の風水学博士によると、「人体には常に電流の伝導と電位の変化によって磁場を生じ、その磁場と地球からの磁場がお互い反応しあって作用している。人体の赤血球に含まれる鉄分が、血液の流れる時に地球の磁力線の働きを受けて、人体に影響を及ぼしている。」なお、地球の磁力は、地球の2/3は外部磁場、電離層中の大気電流による。地球内部からの磁場は1/3。外部磁場は太陽活動に密接に関係している。地磁気は日変化があり、夜明けに東のほうへ強く偏っていく。人が干潮に引かれるように冥途に行く時刻と一致する。人は宇宙の生命体として、自然と共に生き、自然と去っていく。

磁気異常は生物の体内 リズムが不安定となり、さまざまな動物に異常行動が現れることは明らかにされているし、人間においても心臓病や神経病が認められる。人間は磁気を感知する器官をもたないために、磁気環境の乱れに対して無防備同然である。しかし、季節の変わり目には体調を崩しやすいように、理由もなく起こる心身異変は磁気環境の乱れが原因ということもありうる。 

地球の磁力の低下とともに、我々が毎日生活している環境磁場での磁力は異常に低くなっているという点だ。

我々の居住空間や職場の鉄筋コンクリートの建物の中の環境は数百倍から数千倍も磁力を吸収しやすいため、磁場は極端に減少してしまうのだ。自動車や通勤列車内の地磁気は非常に少なく、現代人の生活空間は慢性的磁気欠乏状態に陥っていると推測される。成人病の傾向として、自律神経系に関する病気、肩こり、腰痛、頸肩腕症候群、習慣性の便秘、不眠症、頭痛や頭重感、原因不明の胸痛、手足の不定の痛み、背中の痛み、原因不明のめまい、足のだるさ、身体のだるさなどを訴える人が非常に多い。医者の診断でも原因不明、決定的な診断が出ない。医学的に磁気欠乏症候群という病名はいまだない。

●家庭用磁石入り絆創膏ピップエレキバン

肩こり、腰痛などの筋肉硬化症の患部に直接貼る。80ミリテスラ800ガウス)の磁気が血行を促進し凝りの解消を促すと同社が効能を謳っている。ピップエレキバンA130ミリテスラ、ピップエレキバンEX180ミリテスラ、ピップエレキバンZ190ミリテスラである。

 磁石永久磁石を採用しており、装着している間は効果を持続できると謳っている。ピップは長年の基礎研究と臨床試験の結果より厚生労働省から「医療用具」の許可を得たものであり効果は有るとしている。しかしながら、その作用機序は現在までのところ明らかではなく、またピップエレキバン程度の磁気で生理作用の変化が起こることは、現在の科学では考えにくい。このため、プラシーボ効果ではないか、実際には効かないのではないかとの疑念は根強く存在する。なお、磁場が血中のヘモグロビン(鉄イオンを含んでいる)に作用するとの説がある。 

アメリカのA.コリン博士は電磁流量計を開発し、電気を伝える性質をもつ液体の血液が磁石の間を流れると、新しい電気が発生するという現象を発見している。つまり血液に磁気を作用させると電気が起きるのだ 

交流電磁石を応用した交流磁気治療器

増加する一方の現代病。人々はいま、「磁気欠乏症」に冒されている
数々の改善例から感じる、確かな磁気の医療効果として磁気治療器、静止している磁気を人体に当てる、エレキバンのように永久磁石を身体に貼ったりするもの、現在は交流の動く磁気を人体に当てる交流磁気治療器へと移行しているという。電磁波とは比べものにならないほど低い交流磁気を人体に作用させると、その磁気は動き回り、人体内部の非常に広範囲に渦巻型の電流を起こすことになる。したがって、適応症としては、身体各部の「こり」に対して有効で、これは認可の際の臨床治験でも明らかになっている。厚生省の薬事法による、交流磁気治療器の適応症は「血行を良くしてこりを緩解する」ということらしい。
近い将来には変動磁場を応用する治療器で、N極またはS極の方向に、一定のリズムで放電させ、瞬間的に磁場を発生させるという仕組みだ。

現在パルス磁場治療器の研究は世界で進んでいるが、まだ日本では治療器としての認を受けていないのが現状だ。生命の根源にかかわる治療と実感する交流磁気の生理学的作用はここまで明かされている。

 

5-2 自然-イオンを応用した-イオン発生機器

自然を科学し応用されたアイデア製品★

・・・・電気 マイナスイオンドライヤー ターボドライ

マイナスイオンを熱から守る「外付けマイナスイオン吹出口」搭載で、マイナスイオンがしっかり髪に届きます。・グリップを握るだけで、髪がマイナスイオンをひきつけ髪の中まで水分を浸透させる「イオンチャージ」で、さらにたっぷりマイナスイオン。・1200Wと大風量1.1m3/分のターボ機能でスピードドライ。 

マイナスイオンを発生するといわれているセラミックス類は、放射性元素であるトリウムやウランを、普通の岩石より多く含んだ鉱石を原料にしていますこの鉱石から出る放射線を利用してマイナスイオンを発生させています(大気中のイオンも、自然放射線により生成されています)。これらのセラミックスを利用した製品から発生する放射線の量は、使用したこれらセラミックスの質と量によって決まります。したがって、製品それぞれについて発生する放射線量を測定する必要があります。一般人に対する放射線量の安全基準は、国際放射線防護委員会で定められています。日常生活で既に微量の放射線被ばくは習慣となっています。

 

5-3 岩石放射線を応用した岩盤浴

岩盤浴や温泉からでるラジウム岩石の微量放射線を利用したホルミシスを期待の温浴法が注目され、人工ラジウム温泉がが後を絶ちません。

ラジウム岩盤は遠赤外線作用、遠赤外線放射率90%以上しかも天然の放射性希有元素を含有している貴重な岩石です。ラジウム入浴セラミックボールはラジウム温泉で知られる天然放射性希有元素同様鉱物を主原料にして凝縮、遠赤外線放射・マイナスイオン発生の効果をミックスし特殊特許製法により開発されました。ラジウム入浴セラミックボールは静置状態においてもマイナスイオンを多量に放出します。遠赤外線作用にも優れているので遠赤外線放射率90%以上あり体がポカポカとしてきます。今、微量放射線のホルミシス効果があるとマスコミでも大変注目を浴びています。

高波動岩盤による波動が注目を集めています。波動とは生命や物質の構成要素である原子の超微弱振動エネルギーで、原子の中の電子・陽子・中性子がプラスとマイナスの電気の働きにより激しく振動することで発生していると考えられています。良い波動の共振現象によって周りの環境を好転させるものです。奇跡の泉として知られるルルド遥かに凌ぐ波動値を有しています。

トルマリンには独特の特徴があります。極性結晶体といって永久電極を持ち、加圧や温度の変化によって電荷を生じます。このような点から別名、電気石とも言われます。簡単に言うと一方にマイナスの電極を、もう一方にプラスの電極を備えているんです。まるで電池みたいですね。つまり、この電極を備えた結晶体であるからこそ微弱電流を発生するわけなんです。実際手にとって見てみると、石炭色のような黒っぽい結晶が分かる、なかなか面白い石です。実際、水質浄化や空気改善などの応用も期待される鉱石です。水の電気分解やイオン化作用に優れているので水をきれいにする効果(界面活性作用)を持ち水の汚れや悪臭の抑制、水質を弱アルカリ性へと変化させます。お風呂のお湯がきれいになる、空気がきれいになる人にやさしい石なんですね。もちろん遠赤外線放射も優れています。

電気石として知られるトルマリン鉱石及び遠赤外線放射鉱物を主原料にしています。だから効率よく電気とマイナスイオンを発生することを可能にしています。何と一般的なトルマリンの約55倍ものマイナスイオン放出してるんです。トルマリン凝縮セラミックボールには人体電流とほぼ同等の微弱な電流が流れていて、外的圧力が加わらない状態でも絶えずマイナスイオンを放出するので水質浄化や空気改善など、人に優しい健康な生活をサポートしてくれます。水の電気分解やイオン化作用にさらに優れているので水の界面活性作用や抗菌、悪臭の抑制、水質を弱アルカリ性へと変化させる効果にも優れています。遠赤外線作用にも優れていますので(遠赤外線放射率90%以上)体をぽかぽかと温めます。

 

6-4 地電流を応用した電気治療機器

地電流(ちでんりゅう、earth currenttelluric current)とは、地球内部を流れる電流。地電流には、自然が原因となって流れるもの、人為的要因によるものなどさまざまなものがあるが、一番の要因は、地磁気の変動に伴う電磁誘導である。太陽の活動の影響で電離層磁気圏に電流が流れると、地磁気が変動し、それによって電流が誘導されるのである。また、によっても地電流が作られる。主に地球表面の地殻マントルで観測される。クラスノゴルスカヤレミゾフおよびバンヤン1975年の調査によると、1m離れた2つの地点間の電位差は0.2V1,000Vで、北半球全体では12時間あたり1001,000Aだろうと推測されている。この電位差は地面と雷雲の間にによる電流を流す(雷による放電を発生させる)のには十分な量である。地電流を利用した電源も研究されている。地面に電極を置く場合は地球バッテリー(Earth battery)、海に電極を置く場合は海バッテリー(Sea battery)と呼ばれ、19世紀には実際に電気設備の電源として利用することに成功している。地球磁場の磁力線または経線に沿って、異なる2種類の導体を南北に置くと電流が流れるという仕組みで、発電機などを必要としない自然の電源として利用することができる。しかし、地域差が大きいことや取り出すことができる電気の量が小さい。

 植物や人間の健康にとって良い土地と悪い土地があることを土地の電気的な特性によって科学的に証明したのが楢崎皐月博士( 明治32 昭和49 )です。電気工学者でもあった楢崎博士は、日本全国の土地12245ヵ所の地電流( 大地の中を流れる電流 )の状態を実地調査しました。 その調査の結果、楢崎博士は「 土地は次のような三つに分類できる 」ことを発見しました。

優勢地:大地電流は全て上から下へ、電子は下から上へ流れるため、大地表層は還元電圧を示し、流れる電流・電子も多い。《 植物の生育良好

劣勢地:大地電流は全て下から上へ、電子は上から下へ流れるため大地表層はほとんど全てが酸化電圧を示す。《 植物の生育劣悪

標準地:大地表層に酸化電圧と還元電圧が混在し、電流・電子の流れる方向も上から下の部分と、下から上の部分へと流れる部分が混在している。《 植物の生育標準

この大地の電気的な状態を改善し、劣勢地を優勢地にするための極めて効果的な方法が近年開発されました。「 炭素を入れた特殊な金属性カプセル( アダプター 」を土地に埋設することで、地電流の状態を調整することができるのです。
実際にこのアダプターを農場に埋設して電位を測定したところ、土壌の電気的特性が酸化から還元へと変化することが実証されました。また、農作物の生長や果実成分にも顕著な改善効果が認められました電位治療器で身体にマイナス電位を掛けて自律神経のバランスを回復させようという機械です。

電気治療器は、人体に直接電流を流すことにより鎮痛、血行改善を行なう治療機器であり、電位治療器で身体にマイナス電位を掛けて自律神経のバランスを回復させようという機械です。特に気分的に悪くなければ身体に害が及ことはなく、この機械によって自律神経失調症などにかかっって居る人の体調が良くなるという話はよくあり、家庭用医療機器の一つとして認可されています。

5-5 山間自治体の地域健康資源から応用戦略

 日本列島は生命力溢れるパワ-大地です。その特有の火山、断層地に世界が注目する健康資源のアイデアが眠っています。

 古代の人々は自然と共に生き、自然生命体の一部として、自然からの恵みを生命活動に応用してきました。環境世紀においては、先人の自然応用の生き方を学び、いかに自然を科学的に調査し、自然応用していくかが重要なテーマとなっている。

特に山間地には豊かな自然資源があり、大地を通じて発する気から自然治癒力を高めたり、健康増進の場となっていますが、科学的な根拠が課題となっています。

例えばバワースポット下仁田町中小坂の平滑花崗岩現地で実証実験を行った。放射線岩石地の-イオン22.000/cm3は自然史中庭2.500/m3の10倍あること、花粉症がその場で治ったこと。大気が異常に新鮮であることを各自が認識、パワースポットとしての評価を得ました。解明された事は、各自が+イオン放射する携帯電話を身に付けて近づくと-イオン数値が吸着され急激に低下する事。又身体にも+イオンが帯磁していることも、各自が測定器に近づき、離れの繰り返しの実証結果から判明し大騒ぎだった。かに自然界の樹木、岩石は浄化作用を持っているかを再認識しました。携帯電話からの電磁波が身体に+イオンを帯磁させ、臓器の局部腐食(臓器電食)から健康に害を与えている・・・、参加者7名の実証実験から判明しました。電子・電気社会で電磁波が健康に与える影響を再認識できた。又車内の-イオンは電子機器から発する+イオンによって極端に低減することは、これは自然地理科学地理風水研究を進める中で大事な課題となりました。