用語解説・コラム

①地理風水の起源

風水(ふうすい)は、古代中国の思想で、都市住居建物などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、の流れを物の位置で制御する思想。「堪輿(かんよ)」ともいう。風水では都市や住居(すなわち生者の居住空間)を「陽宅(ようたく)」、墳墓(すなわち死者の居住空間)を「陰宅(いんたく)」と呼んで区別している。そのよろしきを得れば、死者は永く幸を受け、生者はその子孫繁栄するという。

古代からの相宅や相墓といった占いの技術が陰陽五行説に基づきつつ総合されて成立した。風水には地理の別名があり、天文がかっては狭義の天文学と天象を基にした占いのアマルガムであったように、風水も狭義の地理学と地理を基にした占いのアマルガムであった。

そのため風水は大別すると、地形読破の術である「巒頭(らんとう)」と時間によって変化する天地間のを判断する「理気(りき)」とに別れる。その土地の気の勢いや質を地形等の形成を目で見える有形のもので判断する方法であり、形法、形勢派、巒体派などとも呼ばれる。一方、理気は陰陽五行八卦易理)、方位など目に見えないもので判断する方法であり、理法、理気派、屋宅派などとも呼ばれる。

ただし、日本においては風水が完全に成立する以前の一部の理論のみが陰陽道家相として取り入れられて、中国本土とは別の形で独自の発展を遂げた。

 「風水」という名称は、郭璞に仮託された『葬書』(成立は唐代か)に「気乗風則散 界水則止 古人聚之使不散 行之使有止故謂之風水」気は風に乗れば則ち散り、水に界せられば則ち止る。古人はこれを聚めて散らせしめず、これを行かせて止るを有らしむ。故にこれを風水と謂う。から来ている。

三浦國雄の『風水講義』では郭璞を、比類のない博学の士であり、後世風水の元祖に祀りあげられた一種異能の天才と呼んでいる

風水には、地理、堪輿、山といった別名がある。地理は天文と対をなす語で、地理がもともとは狭義の地理学と地形の吉凶を論じる占術とが渾然一体であったことから来ている。堪輿は『天地』を意味している。山(山道)は風水師が良い風水を求めて山野を跋渉したことから来ている。

そもそも「気」は風に乗じるようなものではないし、水に遇って止まるわけでもない。『葬経』の編者が風水という言葉を作ったわけではなく、以前から存在した「風水」という言葉を、書物の引用により一つの説として提示したものと考えられる。

風水については『葬書』の他に『狐首經』『青囊經』『青烏經』といった典籍があり、後世に影響を与えた。

台湾出身の漢学者にして『中國堪輿名人小傳記』(鐘義明著・台湾)に列せられる風水師でもある張明澄によれば、風水という言葉は『周易』の「水風井卦」が語源だという(張明澄著『周易の真実』1998年) 易卦は、下から順に「初爻」「二爻」「三爻」と立卦するもので、先に「風」(内卦)があって後に「水」(外卦)というのが本来の順序である。「井」とはそのまま井戸のことであり、井戸を掘る場所、つまり人が住む場所を決めるための技術が「風水」だったという考察である。風水の理論構成は、巒頭理気の別を問わず、易卦理論が基礎にあり、風水という言葉の起源もまた『周易』にある。

なお、現代の中国人社会では、風水はもっぱら墓相や墓そのものの意味に使われることが多い。『葬書』によるイメージが根強いためとも考えられる。

「地理」という言葉は風水の別名としてよく使われるが、もともと風水とは、土地をその起伏や水の流れ方などによって格付けし、住居地や墓地などとして、人間の用に供する為の技術であり、地相を見るための理論という意味で「地理」という。

 

②看龍と地形・地質論 

地理五訣の内訳は「」の五項目である。

「竜」とは、土地の起伏やうねり、山脈や尾根筋などの形状を神獣である竜に例えたものである。「竜管貴賤」といわれるように、「竜」は「貴賤」を司るものとされる。起伏が良く、生き生きとした「竜」を「貴竜」といい、多くの「気」が集まり、住む人の身分や地位を高くするという。また、起伏が全くない土地は「賤竜」といい、「気」が集まることがなく、住む人の身分地位を低下させるという。

「穴」とは、「竜」のなかの位置のことであり、「竜」に囲まれて特に多くの「気」が集まるところを「竜穴」と称し、非常に尊ばれる。また「穴管吉凶」と言われ、「穴」の形状が「吉穴」(「的穴」ともいう)なら、住む人を災難から守ってくれるし、形状が「凶穴」(「歪穴」ともいう)なら、住む人はいつも災難に晒されるという。また、「穴」によっては、官運、財運、名声、などについても、良い作用や悪い作用をきたすものがあるとされる。

「砂」とは、「穴」の周囲の空気や、周囲にある土砂や、丘や建物などの固形物のことである。「砂管寿夭」というように、健康と長寿への影響を見る。きれいな空気や、泥濘になったり塵埃が上がったりしない土地、また適度な高さの丘や建物などを「寿砂」といい、住む人を健康や長寿に導き、汚染された空気や、いつも泥濘になったり、塵埃が上がるような土地や、高すぎる丘崖や建物、などを「夭砂」といい、住む人を不健康や短命に導くという。

「水」とは、「水流」のことであり、「穴」の周囲の河川や道路など、水や車、人間などの通る道全般を言う。「水管富貧」と言われ、「水」は、住む人が金持ちか貧乏かを決定する要素とされる。「穴」の周りを取り巻いて流れるような「水」を「抱水」といい、そこに住む人は、いつも予定した以上の金銭が入り、予定以上の出費をすることがないので、次第に金持ちになる。逆に「穴」のほうに背を向けて流れる「水」を「背水」といい、そこに住む人は、いつも予定した以上の金銭が入ることがなく、予定以上の出費をすることが多いので、次第に貧乏になるという。

「向」とは、「立向」と称する、建物や墓石などの表面側が向く方位や、「坐山」と称する、「立向」と逆の背面側の方位のことであり、易卦干支などの理論によって、建物や墓地の良し悪しを判断する。「向管成敗」というように、「向」が良ければ、住む人は成功することができ、「向」が悪ければ、住む人は失敗することになるという。ただし、「向」のなかにも「貴賤」「吉凶」「寿夭」「富貧」などの事柄を司る要素があり、「竜・穴・砂・水」との兼ね合いによっては全般に作用を及ぼすことがある。

地理五訣」のうち「」は、みな五官で認識できる要素であり、ほとんどは何らかの形状を持つ要素である。このような要素を「巒頭」という。また、「向」は、方位に付された干支易卦などの記号類型化された要素によって、その良し悪しを判断するものであり、五官で感受し得るものではない。このような理論による要素を「理気」という。

 

③国内の地理風水の起源

④地理風水の活用事例

⑤実学者たちの地理風水観 

呉/佳〓
18歳から「五術(山、医、命、卜、相)」の研究をはじめる。黄奎光に拝師し風水を学びはじめる。「奎光山川哲学研究委員会」の教員として、生徒指導にあたる傍ら、テレビ局やラジオ局を通じて、風水講座、風水番組の制作をし、民間に風水をわかりやすく解説する。また、風水顧問として台湾の複数の大企業の顧問を務める。出家名を天星居士とし、三十余年にわたり開業することなく、五術を専門職とする

山道/帰一
五術に造詣の深い家元の家庭に生まれ、幼少の頃より五術を学ぶ。東洋大学印度哲学科を卒業し、台湾師範大学、韓国西江大学に留学。中国・台湾において道教・仙道のフィールドワークを開始し、呉佳〓(き)老師を含め伝統文化を伝える複数の老師たちより学ぶ。アジアにおける正しい伝統文化のあり方を志向し、世界的に著名な風水師達からも活動を高く評価され支援されている。風水、養生学指導を通じて活動範囲は、大学機関・法人に広がり、環境を配慮する建設・環境保護団体などから、高い評価を受けている。