自然科学地理風水のネット執筆 Net writing of the natural science geography feng shui

工事 お辞儀のイラスト

只今、工事中です。   ※2014/6/20現在  進捗率 33 %

第二の人生で、道楽として中国の風水を『自然科学地理風水』で取り組んでいます。

その大地を自然科学で調査・研究として、自然科学書物や放射線、マイナスイオンそして地磁場測定機器によるデータを漁っている最中に、ちょうど東日本大地震・津波そし福島原発事故と自然界の猛威を目の当りにして、改めて自然界の不思議な世界に陥りました。そのため『自然科学地理風水』の研究が脱線、フィールドがどんどん拡大、生命科学まで入ってしまったところす。

目途とした27年後に執筆完了の、『自然科学地理風水』が一向に進んでいません。でも、焦らず、長い息をしながら、激動する地球異変を科学的に観察しつつ、地理風水の理論と重ね、科学的な地理風水理論の確立に向けて取り組んでいます。

 

この大地の調査・研究の成果はネットで公開し、そこから様々な意見そして地理風水の解明への貴重なヒントを頂いております。このネット情報を生かして、ネット著書『自然科学地理風水』の完成を図りたいと思っております。

只今、創世記2012年~2017年  70歳で完結※5年間で地球科学基礎研究

衛星写真画像から自然地理の構造解析、自然科学地理風水の基礎づくりの最中です。地理風水に関する膨大な資料を漁り、科学的に検証を経て、全体像の骨格を創り出す作業を進めています。

 

・2015年に地理風水を自然科学で解明に実現する

☆ 第5章 自然科学 地理風水の応用   

2015年に自然科学地理風水の全体像が解明することができました。大きな波となって押し寄せた放射線騒動、ドイツ医学界の波動健康、ラドンそして水素水等・・自分の健康は自分で守る時代を背景に自然科学を応用した様々な健康器具が開発され、地球科学の原点が見えていました。そもそもヒトは50兆からなる細胞の塊です。そしてその細胞は地球史という悠久の時を経て、酸素呼吸と同様に周囲の環境に同化、進化してきました。それは目視できない自然からの太陽風磁場、大地からの地電流そして火成岩からの波動等の影響を受け生命体は気のエネルギーによって維持されてきたのです。その自然エネルギーの高い場所こそが聖地、すなわち風や水によって運ばれた気が凝縮された場所であり、パワースポットなのです。シャーマン達は自然物を利用して人工的にもパワースポットを創ってきました。これを具体的に解明して行きます。

 

なお生命現象と気について、荘子の言葉に次のようなものがあります。「人の生命は『気』が凝縮したもの」「『気』が凝縮すれば生き」「『気』が拡散すれば死ぬ」万物を巡るエネルギーである「気」が人間の体内をも流れており、「病気」とはその流れが阻害され身体のバランスが崩れた状態であると考える。治療は乱れた体内の気の流れを正常に戻すことを意味し、その対象は「病気」ではなく「病人」である。

地理風水師
地理風水師

 2040/4/15 90歳誕生日に初出版  『実務 自然科学地理風水』  

 世界初のインターネット出版 自由閲覧  

 中国古典・地理風水を自然科学から応用研究を道楽とする隠居者が毎日コツコツとページに書き込み、ネットで公開。気がついたら30年間で数千人アクセ ス者からの励みとご指南を頂き、そして幾多の挫折を乗り越え数万回のアクセス更新を経て、ようやく完結された自然科学地理風水のアクセス本が仕上がりました。・・この書き物は30年間余り無料ホームページを提供してくれたKDDIJimdoさまにすべて捧げます。ざっと、こんな風に仕上げたい。 

 2011/5/16  62歳執筆開始 人生夢風船は無限の創造世界を飛行中。  

トータル

                                                           『 実務 自然科学地理風水 』

 

 1 自然科学地理風水とは

  1-1 自然科学を応用した地理風水

  1-2 自然科学地理風水の全体像を知る

  1-3 自然科学地理風水の大家としての道

 

 2 地気とはなにか

  2-1 身近な神社・仏閣参拝例から地気を知る

  2-2 地場と古墳・城築造

  2-3 諸外国の地気応用輪

 

 3 地球科学からの地気流れ

  3-1 地気はどこから来るのか 

  3-2 宇宙線・太陽光線

  3-3 マントル対流とダイナモ理論

  3-4 自然科学から見た地気流れ 

  

 4 自然科学を本質とする地理風水

  4-1 数千回の大地の地気調査報告

  4-2 -イオンと+イオン

  4-3 自然放射線

  4-4 地電流

  4-5 地磁気 

  4-6 自然科学地理風水と自然回生

 

 5 自然科学地理風水の応用事例

  5-1 自然磁気を応用した人工磁気医療機器

  5-2 自然-イオンを応用した発-イオン生機器

  5-3 岩石放射線を応用した岩盤浴

  6-4 地電流を応用した電気治療機器

  5-5 山間自治体の地域健康資源から応用戦略

 

 6 自然科学地理風水の末世論

  6-1 国土と追憶

  6-2   地球環境と末世

     6-3  人工的な環境改変と環境破壊 

       6-4  自然回復への道  

 

 7 自然科学地理風水の現在的意義

  7-1  なぜいま世界が注目、自然科学地理風水なのか

  7-2  調査研究のなかでの地理風水の極意とは

  7-3  自然科学地理風水の進むべき道

 

 8 自然科学地理風水と自然環境問題

  8-1 地球環境汚染と自然科学から診た地理風水

  8-2 地球人としての自然科学地理風水

  8-3 惑星環境に対する自然科学地理風水の役割

 

 9 自然科学地理風水を取り入れた地域づくり

  9-1 古代都市の自然科学地理風水の応用

     9-2 日本の自然崇拝と世界観

 

10 生命活動としての国土と自然科学地理風水の進め方

 10-1 自然科学地理風水の基本理念

 10-2 大自然・大地の道理

 10-3 自然を科学した地理風水の生き方

 

 用語解説

 コラム

 ①地理風水の起源

 ②龍と地形・地質論

 ③国内の地理風水の起源

 ④地理風水の活用事例

 ⑤実学者たちの地理風水観

あとがき

世界遺産 霊峰富士山                                                                                                                                  日本の風景や文化は何と美しいのだろう。                                          日本の風水環境再建には、文明の曙の時まで遡らなければなりません。
世界遺産 霊峰富士山                                                日本の風景や文化は何と美しいのだろう。                                          日本の風水環境再建には、文明の曙の時まで遡らなければなりません。