安中大地は旧妙義火山で形成された?裏妙義でカルデラを発見

妙義山が火山だった証拠、裏妙義に低重力区域、空洞からカルデラであっと推測されます
妙義山が火山だった証拠、裏妙義に低重力区域、空洞からカルデラであっと推測されます

 

裏妙義山のパワースボット 妙義カルデラは中木ダムに沿った林道を約3km先

新発見!! 古代碓氷湖は板鼻で決壊したと、碓氷川左右崖の地形、地質から考察されます。
新発見!! 古代碓氷湖は板鼻で決壊したと、碓氷川左右崖の地形、地質から考察されます。

地形モザイクの説明

青線:上信高速道、黒線:JR信越線、ピンク:国道18号線、白地:安中市街地

地球史の碓氷湖形成は下記の通りです。 ※下仁田町自然史館の展示品から抜粋。

●安中大地の自然パワー

安中市の基盤は地形から読み取ると、太古の湖で形成され、碓氷峠から東に向って続いてきた台地が碓氷川と九十九川の合流点で切れて、そこから東は平地になる、ちょうど台地と平地の境、野尻付近が自然ダム堤体と推測されます。この湖面に新第三紀中新世の活発な妙義山火山で噴火凝灰砂が降り注ぎました。これが約1.600 万年かけて熟成されたのがベントナイトです。市内4か所で地下10m付近の地層から採掘された生産量は日本一です。

尚、ベントナイトの成分1は超微粒子のメタケイ酸塩SiO2が65%主要鉱物で精製後、薬の錠剤等の素材として出荷されています。ベントナイト地層はSiO2は圧縮すると電気を発生し、テラヘルツ波、1秒間に約1ヘルツの振動数で分子の運動が発生します。降雨後の台地のマイナスイオンは6,200個/cm3測定され、これは一般地800個/cmの約8倍以上です。この特異的な自然現象から創造性豊かな温泉マークを代表とする絵画芸術の里、日本における半導体シリコン発祥地です。

世界最先端の半導体素材研究所がある、大字人見の字名は大頭龍です、自然科学地理風水からはパワースポットです。開運地?現在、規模拡大中です。この場所には国指定重要文化財貫前神社のお姉さんを祭る大宮神社がありました。神様は三姉妹でもう一人は鷺宮咲前神社です。

なお「群馬の地盤」共著でベントナイトについて、技術士須藤の執筆があります。

 

ベントナイト地層とマイナスイオン

ナノメートルサイズのシリカ粒子は、膨大な数のマイナス水素イオンを吸蔵したシリカ水素化合物であり、水と反応してそのマイナス水素イオン(電子)を放出することで強い還元力を発揮することが解明されました。

シリカ水素化合物は、水に溶け込みながら膨大な数のマイナス水素イオンを徐々に放出していきます。

●地域特性の活用

安中市の産業立地の人気度は全国第17位だそうです。 その要因は交通の要所にあると言われているが、安定した基盤に優位性があると推測しています。

温泉記号・碓氷峠めがね橋・裏妙義山・秋間梅林・新島譲宅・遠足マラソンそして駅弁当『峠の釜めし』

 その他・・・地元でも余り知られていないもの大陽光発電素材の半導体結晶体 帝国石油の油田鉱区 天然ガス田  ベントナイト鉱山 日本最古自性寺焼        

日本五大童話の一つ「舌切り雀」  

桃太郎(岡山市)
花咲じじい(朝鮮?不明)  

舌切雀(安中市)
さるかに合戦(不明)

かちかち山(朝鮮?不明)                         

安中市の観光ガイドにリンク●●

磯部温泉周辺の地質と断層線

縦実線は断層線です。信越化学の研究棟兼工場の真下を通過していますが、活断層ではありません。ここに大宮神社がありました、古代聖地です。
縦実線は断層線です。信越化学の研究棟兼工場の真下を通過していますが、活断層ではありません。ここに大宮神社がありました、古代聖地です。

世間から嫌われもの断層線、その場所というのは、地球の奥深くからラドン線や水素水そしてテラヘルツ波動が噴出していています。だから古代からの神社仏閣はその場所に建立されています。ヒトの細胞を共振させ、気を凝集させ生命力を高めるバワ―スポットです。

政策提案(論文)(2010/5/18~11/25半年間)の概要

安中市の地域特性を活かした、くらしの中から生まれた政策とその具体的な実現方法についての12提案です。 

第1号  郷原緑地公園駐車場の拡張計画について
第2号  野殿地区 太陽光発電モデル地区構想
第3号 フランスのモンモリヨン町との姉妹提携構想
第4号 リフレッシュ波動・マイナスイオン数値の標識設置について
第5号     花街道からミツバチを増やし豊かな農作物づくり構想
第6号    ごみステーションに工夫したボックスの設置
第7号     磯部炭酸鉱泉水ミネラルウォーターの創出
第8号     安中市民の飲料水、碓氷川を清流に戻す施策
第9号     日本五大童話の一つ「舌切り雀」を市の指定童話にして人生訓の進め
第10号     安中市歳時記カレンダーで生活に役立つ行事・イベントをチェック  
第11号     くらしの行政相談員指定制度  
第12号最終回   市営ふるさと公園墓地構想

提案第1号 郷原緑地公園駐車場の拡張計画について

(全文掲載)

1.提案の趣旨説明
約40 年前に工業団地造成時に整備された郷原緑地公園は、工場の従業員や市民の大人から子供まで利用する憩いの場として、ゲートボール、少年野球場、テニスコート等、あるいは碓氷川での川遊び等で、大勢の人達が利用しています。
特に休日になると、各競技大会が盛んに催され、大勢の市民で賑わっています。先日、5 月16 日(日曜日)に公園に来た車両数を測定したところ約120 台のマイカーが公園内の空き地に所狭しと駐車していました。公園内の駐車場は20 台分のスペースのみです。当初計画では、これ程。マイカーが増えるとは予測できなかったと思われます。このため駐車場の確保が緊急課題となっております。その駐車場の確保として、碓氷川と公園の間に小高い河川敷地、平均幅15m、延長150m があります。この敷地を活用して駐車場に改変すれは、マイカー約100 台の駐車が可能です。この郷原緑地公園駐車場の拡張計画について提案します。

 

2.公園利用者とマイカーについて
(公園利用者)
・少年野球場:原市チームのホームグランドとして週末はグランドは整備され使用されている。・テニスコート:遠方者からも人気のあるコートとして、週末はすべてのコートは使用されている。・ゲートボール場:毎日が休日の,年金生活者によって、見事に整備され使用されている。・芝生公園では幼児の遊び場:土に触れ合う場のない市街地の市民の憩いの場として、親子連れが多く見られる。・周辺コースはランニング者:1 周、約470mコースはランナーにとって格好の練習場でもある。・その他、公園周辺の散策:健康管理のため、近年増加している。
(マイカー)
市街地から離れおり、交通が不便なため、ほとんどマイカーで来る。駐車場が一杯の場合、路上駐車している。

 

3.公園周辺は自然環境の宝庫
地質学で正善断層が南北に横切っており、河川の露頭の断層から茶色の炭
酸水鉱泉が見られる、極めて特異な場所です。また中新世、約2000 万年前の地層が露出し、海洋生物の化石が発見されており、自然史や化石マニアから極めて有名な採取地でもある。また一級河川碓氷川河川護床は自然石で築造されている等、親水空間として充実していますが、残念なことに、河川と公園との間に不毛の原野(河川敷地)が視界を遮っているため、また接続する場がないため、余り活用されておりません。なおマイナスイオン数値を測定したところ、2500 個と通常地の約2 倍の値でした。

 

4.観光、レクリエーションの場としても必要
・8 月15 日の恒例行事、磯部花火大会は公園の対岸で打ち上げを行っており、当日の公園は数千人規模の観客で埋まっております。また、いそべ温泉地から約300mで観光客の散策スポットとしての利用価値もある。・その花火大会の見学者から、当地の良さが口コミに伝わり、近年、特に利用者の増加が見られることから、レクリエーションの場として拡張が必要とされている。

 

5.駐車場の拡張計画の申請とデザイン
(河川敷利用の許可申請)
・安中土木事務所に河川敷地の公益的な利用計画の許可申請を広域市民要望書を添付して許可申請を行う。土木サイドではなるべく地形が改変しない計画、河川法に違反しない計画であれば、許可に応じるはずです。この敷地以外から駐車用地の確保は不可能の実情を説明することが大事です。『当該公園の北側が急峻な山林であり駐車場用地の確保はできない。また道路沿線はすべて工場で埋まっており拡張は不可能である事実証明を行う。』河川管理者から、このような状況判断から『河川敷地利用がやむを得ない事情と判断される。』と下され、多少の時間は要しますが、許可はおりるでしょう。

(デザイン)
・基本的には利用する市民皆の意見を踏まえて、デザインを図るが、拡張部はなるべく砂地の整地のみ、車両の入口、出口は敷き砂利のみ施工とする。・河川沿いのアカシヤの樹木は景観と利用者の日陰地として残す。・工場労働者の昼休みの憩いの場、休日に家族、友人と自然との触れ合いの場としてベンチ、出来ればバーベキュー等施設を設置し、利用者が食事ができる場もほしい。

 

6.施工方法と資金計画
・市民参加による材料支給による市民による直営施工が望ましい。但し、出入り口の砂利を敷く作業、敷地内の不要木抜根作業は近隣の建設会社からブルドーザ機械による支援をお願いする。その間、参加者は危険のため、作業中は見学。実作業は小石拾い、敷地の凸凹均し、いわゆる広域(地区を越えた)道普請です。それと伐採したアカシヤを加工してベンチ、手作り階段3 箇所の設置等です。
資金は県の土木事務所が所管する共同参加による道普請支援金を活用する。ベンチやバーベキュー用レンガ等の資金は『提供○○会社の金属ラベルで明示する』ことで協力依頼する。作業は土、日の2 日間で昼飯は広域市民参加の女性達による炊き出し握り飯の提供が望ましい。

 

7.維持管理計画
必然的に市民自ら作った駐車場兼憩いの場として、草むしり、清掃活動そして不法者の監視は行政に代わって執行ができると思慮されます。

 

8.費用対効果
費用は工事請負による多額の工事費ではないので、さほど要しない。敷砂利は道路の水道工事で大量に出る路盤材の砂利残土を搬入し敷均すれば良い。県補助、工場からの支援、そして市援助として約50 万円程度以下が予測される。投資額に対する効果は、駐車場の余裕ある確保、広域市民の憩いの場として花火大会の会場として、不毛地の有効利用等から3 倍くらい想定されます。何よりも県内、初の広域市民による直営施行として地域づくりの歴史的遺産としてPR効果である。近い将来は市の模範的な地区として評価されるでしよう

 

9.実施評価
年に一度、利用者数や意見を集計し市報等から公表する。また、少しづつ、市民自らつくる花壇等からグレードアップに努める。

日照時間は一位山梨、二位高知、三位群馬、県下一位野殿です                  日本で最初に太陽光発電素材が開発されたのが、市内の・・会社磯部工場。ここが発祥地です。

提案第2号 野殿地区 太陽光発電モデル地区構想

1. 提案の趣旨説明

1.2太陽光発電設備の導入で土壌汚染地再生

CO2を排出しない再生可能エネルギーとして注目されている太陽光発

電を、土壌汚染指定野殿地区に導入してクリーンエネルギーモデル地と

して再生する構想を提案します。 

1.2特定地域の公害防止対策

群馬県環境白書の第5節 特定地域の公害防止対策によると、東邦亜鉛

安中精錬所によるカドミウムによる環境汚染対策として、農用地の土の

染防止等に関する法律に基づき、昭和493月にカドミウムに係る農用地

壌汚染対策地域として、134.08haが指定された。

指定面積134haの内、昭和583月公害防除事業等で水田地106haは解除

れたが、野殿地区の畑地約28ha分については、指定されてから既に約半

紀近くを経過しているが、いまだ解除に向けた施策に進展が見られない

ようです。

 2.土地利用の現状と対策

農用地土壌汚染対策地域の土地利用を現地調査しグラフ化してみると、耕作放棄地が40%近く存在し、また野菜について地力のある土壌と良好な地理的条件にありながら産地化されていない。抜本的な施策が望まれている。

指定解除には①汚染土壌の除去工事、②農地転用と再汚染されない施設栽培等の導入による方法が考えられる。

   は汚染防止事業による解除は、厳しい財政状況から考察すると更に長期化が予測される。   は露地野菜から脱却を図り、土壌汚染防止の施設栽培による地域特性を生かした新たな土地利用計画の創出が必要である。

3.地域特性

3.1太陽光発電の特性

4.地理的特性

4.結晶シリコンの発祥地としての特性

.地域特性の活用

5..1ソーラー発電によるハイテク農業

5.2地域特性のチェックシート

6. 新たな土地利用計画の創出

6.耕作放棄地を活用したソーラー発電畑計画

6.2ソーラー発電畑構想

6.3豊富なソーラー電力利用による施設栽培

6.4耕作放棄地対策モデル地区としても電気柵の研究

7.ソーラー発電計画の転用計画と土地利用計画(土地活用デザイン)

7.1指定解除計画の許可申請

7.2土地活用デザイン

8.施工方法と資金計画

提案第3号 フランスのモンモリヨン町との姉妹提携構想        (全文掲載) 

提案の趣旨説明

1.1 提案趣旨

経済をはじめとするグローバル化の波に対応するため、国家の枠組みを超えて,共通のテーマや目的に向かって連携・協働するパートナーシップ型の国際交流・協力を進めることが必要とされています。安中市は粘土鉱物、ベントナイトの一大産地です。共通するモンモリロナイトの発祥地、フランスのヴィエンヌ県・モンモリヨンと姉妹提携し、粘土文化の交流から、安中市の活性化を図る施策も大事ではないかと構想を提案します。

1.2 提案説明

安中市周辺で1世紀近く前から採掘されている粘土鉱物、ベントナイトは,安中~松井田~富岡の碓氷川と高田川に挟まれた地域に、日本でも有数のベントナイト鉱床が発達している。ベントナイトの産出量は、国内総量の50%を占め日本最大の産地である。

 

ベントナイトの主成分モンモリロナイトの名前は1847 年にフランスのモンモリヨン地方の名称にちなんで命名されている。万能粘土といわれているモンモリロナイトの特徴は、結晶体が5000分の1ミリという超微粒子で、広い表面積(1グラムでテニスコート3面分)を持ち約30倍以上にも膨らむという、地球上で最も微細な鉱物である。この特徴を生かして、美容から健康、環境産業の素材として、さまざま分野で活用されている。

 

フランスではクレイセラピー(英語: clay therapy)、特定の条件を満たしたクレイ(粘土)を用い、さまざまな形状で利用して心身の健康や美容を増進する技術もしくは行為から、スキンケアや疲労回復、リラックスなどが目的に日常生活に取り入れられている。モンモリヨン町との姉妹提携を通じて、モンモリロナイトを紹介する国内の拠点づくりを推進してはいかがと提案します。

 

共通の粘土鉱物産地

2.1 フランスのモンモリロナイト活用

フランスの大ベストセラー「私の自然食Ⅱ」(リカ・ザライ著/築地書館)粘土を使って治療する、粘土の奇跡にモンモリロナイトのくわしい記述があります。粘土には驚異的な吸着力がある。解毒作用があり、免疫力を強化する。抗毒力があり、有害物質の毒性を中和する。細胞に活力を与え、生命力を高める等。最近は特に美容と健康でモンモリロナイトが注目され、インターネットからモンモリロナイトを使った沢山の加工製品が紹介されている。

 

2.2 安中市のベントナイト

本県の鉱業の始まりは、1937 年に碓氷郡横川鉱山で企業化されたのが最初であり、現在、安中市を中軸に西毛地区4鉱山で採掘されている日本最大の産地である。日本でのベントナイトの主たる用途として開発当時は田畑の土壌改良、物資不足時代を反映した特殊せっけんとして使われたのが始まりである。現在、この天然資源は地球環境にやさしい素材として、精製品は金属の鋳型合成砂の結合剤、環境土木、建築を始め化粧品、食品添加物、近年はマ イナ ス電荷を活かしたペットのニオイ脱臭剤や最終処分場の遮水シートで採用されている等、さまざま産業分野で活用されている。地域産業としてベントナイトの新たな活用分野の開拓と行政支援が期待されている。

 

3.ベントナイト堆積層と焼物工芸

3.1ベントナイト堆積層

ベントナイト堆積層は,第三紀層中新系統に古妙義火山と推定される海底火山の活動によって、堆積した火山灰又は凝灰岩がアルカリ性溶液中でモンモリロナイトに続成変質し、ベントナイトとなったものと推定される。安中市をほぼ包含する高田川から碓氷川を越え、九十九川に挟まれる南北におよそ10km写真-ベントナイトの原鉱東西15km の範囲は、日本でも有数の「ベントナイト」鉱床が地下18m25m の凝灰質泥岩中に層厚2m±で発達している。なお群馬の地盤(共著)にベントナイトに関する須藤の執筆がある。

 

3.2モンモリロナイトの自性寺焼

焼物のふるさと安中市秋間地域は、良質な粘土、モンモリロナイトに恵まれた沃地として歴史を重ねて来ました。こうした環境は、陶器作りに、最も適したものと言え、奈良時代から平安時代にかけて八重巻窯、刈稲窯(かんね)雉子ヶ尾窯(きじがお)二反田窯などが盛んに煙を上げ、関東地方最大級の、須恵器の産地として、各地に出荷され続けて来ました。上野国分寺の瓦も此処で焼かれ、1200年以上経った今日も、丘陵の到る所から、陶片が出土し、往時を忍ばせています。こうした伝統の上に、江戸時代中期(天明3年以前)より、自性寺の地に窯が築かれ、おびただしい数の焼物が生産され、自性寺焼の最盛期として開花しました。この焼物の特徴は、主に生活用器のほか、芸術味豊かな作品まで、陶器としての温かみのある風合いをそなえ、焼締陶器から釉薬陶器、また一部には色絵陶器まで焼かれ、いまも尚、古民芸陶器として珍重されています。・・・「自性寺焼里秋窯 青木昇」より引用

 

3.3モンモリロナイトの地場産業

ホージュングループは1914 (大正3 )の創業以来、地球活動により育まれた粘土鉱物資源特にベントナイトを出発点として、人々の豊かな暮らしのため、あらゆる工業のベースに、さまざまな用途に提供しております。そのために、視点は常にグローバルに、私たちの豊かな暮らしのために、用途の拡がるベントナイト関連製品をお客さまに提供し続け、地球環境への負荷を低減するベントナイトの無限の可能性をさらに追求し創造しています。・・・「HOJUN のHP」より一部引用

 

4.モンモリロナイトの産地フランスのモンモリヨン地方

4.1モンモリヨン地方

フランス東部のポワトゥー・シャラント地方ヴィエンヌ県の町、モンモリヨン(Montmorillon)はサン・サヴァンの南に有ります。ガルタンプ川に沿って緩やかな、くの字の国道を行きます。町の中を抜け白い橋を渡ると、ガルタンプ川の左岸に突き出た岩の崖っぷちに建っています。坂を上って行きます。この教会は11 世紀に、クリプトの上に内陣、後陣が建てられ、12 世紀に身廊、トランセプトが造られた歴史の有る教会ですが、此処も宗教戦争でかなり損害を受けたそうです。それでも川に面した後陣などは11 世紀のまま持ち堪えることが出来ました。正面は14 世紀の建物で中央の扉口が1つだけ、4重の尖頭アーチのヴシュールが有りますが、小さなアカンサスの質素な飾りだけ。その左右の壁に細長い小さな家のような窪みが有りますが、昔はこの中に人物像が立っていたのかも知れません。ヴシュールの上には丸い窓(これも薔薇窓?)が有り、切妻の天辺に十字架。この教会は珍しく英語の説明書が有るので早速平面図を見ます。面白いことにトランセプトと後陣が斜めに傾いて身廊に続いています。北が高く南が低い傾きです。川の岩の上なので地形上、この形になったのでしよう。でも中に入ってよく見てもそれほど気にはなりません。身廊には側廊は有りませんが、内陣の入り口の左右の壁にアーケードが有ってトランセプトに通じています。後陣は5つのステンドグラスの半円アーチ窓が半円状に並んでいます。トランセプトにも1つずつ半円状の後陣を持っています。外に出て北側のトランセプトの脇に立ってみると、4角形のどっしりした鐘塔が交差部に見えます。これは18 紀に再建されたそうです。その下に瓦屋根を載せた大きい窓の並ぶ後陣、手前に小さい後陣を真横から眺めます。そこは展望台のようで、ガルタンプ右岸の家並の美しい景色を眺める事も出来ます。私は見ることは出来ませんでしたが、「聖女カトリーヌのクリプト」が有ります。内陣の下に丸天井の後陣と半円筒天井の身廊下が有るそうです。簡素な建築と素晴らしいフレスコ画。フレスコ画はサン・サヴァンのそれと共にポワトーの最も有名な物とのこと。今も1部残っているそうで、説明書にはアレクサンドリアの聖女カトリーヌの生涯のエピソードが描かれていると有りますので、見られなかった事がとても残念に思われます。モンモリヨンは綺麗な町で、レストラン、市役所、商店などの有る中心街はお花で飾られ、古き良き時代の面影を残しています。・・イ ンタ ーネ ット「モンモリヨン」より引用

 

4.2 モンモリロナイト土人形

クリスマスの時期に飾られるマルセイユ~プロヴァンス地方~の伝統的な人形です。サントンとはフランス語で「小さい聖人」と言う意味です。約2~30cmの土人形で、キリスト降誕と18世紀頃のプロヴァンスの人々がモデルで南フランス特有の石灰質の粘土、モンモリロナイトにより作られています。・・・インターネット外より引用

 

4.3 モンモリロナイトを使ったマカロン

モンモリロナイトは,食パンのサンドイッチ。パンのグループ(食パン,フランスパン,ベーグル,クロワッサンなど)がスメクタイト(膨張性の大きい粘土)で使われている。モンモリヨンの町の中にマカロンのお店発見!ちょっと古びた感じのつくりだけど、シートに絞り出しクッキーのような形で盛り上がっているマカロン。・・インターネット外より引用

 

4.1 モンモリロナイトの驚異的な吸着力

ミラクル粘土であるフランス語グリーンモンモリロナイトは膨潤性粘土があり、食品に対する自然療法として、有害物質、細菌、寄生虫、真菌治癒を促進します。その結晶構造外側が水と水和し、いくつかの細菌の体外を消化器系の能力のマイコトキシンを示しています。粘土はサルモネラ、大腸菌、他の菌類に致命的な細菌に効果を発揮します。モリロナイトクレイはスメクタイト粘土の同じグループに属するベントナイトに関連し、非常にマグネシウムが豊富で、同様に鉄、マンガン、カルシウム、およびその他のマクロとミクロの栄養素に粘土は助ける。それは、潰瘍の治癒を促進する血液/組織細胞の再生を活性化し体の有害なフリーラジカルを取り出す高いイオン交換容量のため、すばらしい解毒の製品です。・・・イ ンタ ーネ ット外国文献「モンモリロナイト」の翻訳を一部引用

 

5.市の姉妹提携受け入れ基盤

5.1 安中市国際交流協会に期待

山縣英明会長の挨拶文から引用、AIA(安中市国際交流協会)は今年で創立9 年目を迎えた。AIA は今、7 の語学・教養教室の運営と、年数回のイベントなどの地道な活動を続けて、ある程度世間にその実績を認められるようにもなってきた。市内の小中学校や公民館、市の教育委員会や国際交流担当の企画課などからの協力依頼も来るようになった。他市の大きな協会の活動と比べても、遜色のないものと自負している。振り返ってみて、よく続いてきたものだと思う。『継続は力なり』いう。それだけでもすばらしいものといえるのかもしれない。新しい魅力ある活動を続けていくために、新しい仲間を切に求めている。第二の人生を模索している退職高齢者の方には、生き甲斐を求めての選択肢の一つとして、AIA への参加を考えていただきたい。意欲ある若者には仕事と遊び以外に、小中高校生には社会勉強の一つとして、国際理解を深めるため、身近なAIA の国際交流イベントに参加してはいかが。新しい仲間共々、とりあえずは、1 年後に迫った創立10 周年に向けて、AIA の新しい活動を模索し続けて生きたいと願っている。・・インターネット「安中市国際交流協会」より引用

 

5.2 旧安中高校空室をフランスのモンモリヨン町姉妹提携会館に

旧安中高校跡地は絵画等の展示会館として再生計画が浮上しているようですが、その空室にフランスのモンモリヨン町とモンモリロナイトを紹介するブースを設置すれば、受け入れ体制として充分である。なおフランスはご存知の通り、芸術の都であり、西洋洋画の名品が借りられる可能性も想定される。フランス絵画が展示されれば、これを目当てに軽井沢経由の観光客が来館することも予想される。その観光客を目当てにフランスのモンモリヨン町特産、美味しいマカロン物産展と美容と健康モンモリロナイト製品、モンモリロナイト土人形そして秋間のモンモリロナイトの自性寺焼等を紹介、販売等から、旧市街地はモンモリヨン通りとなり、観光客で活気づき、活性化するだろう。またモンモリロナイトを使った自性寺焼がフランス等ユーロ圏に紹介される切っ掛けにもなります。更に、隣富岡市は世界遺産登録の富岡製糸工場があり、それを建築した技師の母国、フランスと親善交流が進められているが、それを支援、連携することにもなります。

 

姉妹都市

6.1 姉妹都市の要件

姉妹都市(しまいとし、英語Sister Cities)は市民の文化交流や親善を目的とする都市間の結びつき。友好都市(ゆうこうとし)・親善都市(しんぜんとし)とも言う。姉妹都市(友好都市)を規定する国内法や国際的な統一基準はないが、日本では、 両首長による提携書があること、 交流分野が特定のものに限られないこと、 交流するに当たって、何らかの予算措置が必要になるものと考えられることから、議会の承認を得ていること以上、3 要件をすべて満たすものを「姉妹(友好)自治体」として扱っている(財団法人自治体国際化協会の基準)

 

6.2 提携相手の選定

自治体国際化協会資料によると、姉妹都市提携をしている都市どうしには、自然環境が類似している、あるいは提携前から市民レベルで交流しているなど、提携のきっかけとなる事象がある。以下にその分類を示してみる。ほかにも、いくつかの要因を複合させて姉妹提携のきっかけとしたものも多数ある。

 

6.3 姉妹提携情報

現在、国内自治体と海外自治体との姉妹提携は1500件を超え、全国各地でそれぞれの地域の特性に応じた様々な交流が進められている。(財)自治体国際化協会では、姉妹交流を始めとする国際交流に関する情報や資料の収集、国内外の自治体への情報提供を行っております。また姉妹提携を始めとする多様な国際交流の姿を調査し、情報提供をしています。また、海外事務所とのネットワーク等を通じ、自治体の国際交流の促進及び姉妹提携の支援を行っております。今世界中で、地球レベルでの国際化、国際交流・協力の果たす役割の重要性が認識されるようになってきました。

 

6.4 近隣の姉妹都市(甘楽町の事例)

提案第4号 リフレッシュ波動・マイナスイオン数値の標識設置について

1 提案の趣旨説明 

1.1 提案趣旨

欧米からやって来た代替医療自然治癒力を高める「ホメオパシー」が日本で静かなブームとなっているが、自然治癒力を高めるため、自然からの恵みを健康活動に取り入れていくことが重要なテーマとなっている。

自然治癒力を高めると想定される自然が豊かな観光スポット、公園、登山道、山里にリフレッシュ波動・マイナスイオン標識を設置し、自然浴から健康増進を図る施策を提案します。

 

1.2 提案説明

風水やスピリチュアルの流行に続いて現れた『パワースポットブーム』、ある雑誌はパワースポットをこう表現する。『地球上に点在する、エネルギーや気の流れが強い場所』。その流れとしてリフレッシュ波動のマイナスイオンがある。

マイナスイオンはドイツの物理学者フイリップ・レーナルトが滝で水滴が微細に分裂すると水粒子が帯電し、マイナスイオン、プラスイオンが発生するレナード効果を発見した。マイナスイオン効果の代表的なものとしては、ストレス軽減効果・リラックス効果などが挙げられる。

安中市は他の地域に比べてマイナスイオン数値が高いが、その要因は比較的浅いところにベントナイト層が2m位、厚く均一に堆積しており、雨が降ると地下水がモンモリロナイトの超微粒石英に帯電し地表に発散するためではないかと推測しています。よそから来た人が、安中の台地は、降雨の後、何故か清々しいと良く言われるが、台地の地下、モンモリロナイト成分である石英の帯電反応によるものと思われる。

また松井田町には自然の宝庫、緑豊かな小根山森林公園があり、ここは植物から発散されるマイナイオンのパワーエネルギーに満ちている。安中市の地域特性を生かすためにも、リフレッシュ波動・マイナスイオン数値の標識を自然が豊かな要所に設置して地域の活性化を図る施策を提案します。

1.3 マイナスイオン数値表示と標識の効果

 2 マイナスイオンの効果と活用

2.1 マイナスイオン効果

2.2 マイナスイオン数値

2.3 放射線岩石とマイナスイオン

2.4 身近な放射線岩石の応用

2.5 波動先進地欧州の事例より

2.6 ドイツで見た放射線岩石の応用

3 マイナスイオン値の標識場所

3.1  植物とマイナスイオン濃度

3.2 旧中山道安政遠足コース

3.3 安中市ホームページ観光スポット自然 

4 表示と設置と進め方

4.1 表示

4.2 標識設置4.3 標識経費

4.4 標識設置予算

5.維持管理計画 

6.実施評価

提案第5号 花街道からミツバチを増やし豊かな農作物づくり構想 (全文掲載)

1. 提案の趣旨説明
1.1 提案の趣旨
私たちは食事、衣類、住居など多くの植物に支えられて生きています。その植物も受粉に必要な昆虫がいなければ種子がつくれず限られた地域の植物だけとなります。また昆虫がいなくなり、生態系が破壊されると私たちの暮らしは大きな打撃を受けます。そのため生き物の連鎖・循環づくりは、環境世紀において大事な施策です。そこで、身近な昆虫であるミツバチの食糧源を増やすテーマに、市道、里道の空き地さらに休耕地に花、ソバそして薬草で花街道、そこからミツバチを増やし、農産物、家庭の果樹の収穫を増加させ、みんな健康ですこやかな環境づくりを目指す運動を提案します。

 

1.2 提案の説明
チヨウやトンボがいなくなった生態系の危機を回復させることは地球再生の時代において大きなテーマですが、なかなか身近な問題でないと、人々は関心を寄せてくれません。では近い将来、『はちみつが食卓からなくなる、果実の収穫が激減する』と言えば、耳を傾けてくれるかもしれない。ミツバチの農作物への貢献度は、果実ではイチゴ、メロン、オウトウなどで約50%以上が認められるし、野菜を含めたハウス栽培においては収穫の30%近くがミツバチの貢献によるものと計算されています。安中市においても特産物の梅や多種の果樹及び施設栽培で収穫増収にミツバチの貢献度は高いものと推測されます。
近い将来、自然環境の激変によるとミツバチ数の激減、輸入されている中国産はちみつの高騰から、スーパーからはちみつが消える事も想定されます。そのためにも健康に必要な自然食品として注目されているミツバチを増やす事は自然を豊かに育む地域づくりの一環としても必要です。そこで皆で進めよう、ミツバチの食糧源づくりの花街道、休耕地にクローバー、そば畑、更に薬草を植える地域づくり運動の施策を政策提案します。

 

2 自然とミツバチ
2.1 ミツバチが減少
この春は天候が不順で、農作物の生育状況が悪く、野菜の価格が上昇した、「イチゴ畑でミツバチ盗難続発」という記事もありました。盗難が続発するほどのミツバチ不足は昨年来の世界的な傾向のようです。農家によっては、受粉の為に海外よりミツバチを輸入し、ハウス栽培で、逃げ出さないように厳密に管理したようです。また養蜂家の保有しているミツバチが顕著に減少した。これは、都市化や農薬(具体的には殺虫剤)の使用、ミツバチダニ、商業養蜂家の撤退などの要因が重なって累積的に減少しているようであるが、気候変動による天候不順で昆虫の活動が遅れ、ミツバチの食糧供給を混乱させているようだ。ミツバチを増やすためには、ミツバチの食糧源である、花植物の拡大を図る必要があります。私たちができること、集落による花を植える美観の小さな運動を通じて、昆虫、ミツバチを増やす施策も大事ではないでしょうか。なお昆虫は自然環境に敏感であり、ミツバチ数の激減は近い将来、私たちの生活に影響のある旱魃、熱波そして嵐と洪水はより厳しくなることを教えているのかもしれません。ミツバチの危機は私たちに近い将来を警告しているものと謙虚に受け止め、ミツバチの生態情報から市独自の危機管理を準備しておく必要があります。

 

2.2 ミツバチとはちみつ
健康に必要な自然食品として注目されているミツバチを増やす事は自然を豊かに育む地域づくりとなります。はちみつは、ミツバチが花から集めてきたものです。そのため、ミツバチがどの花から採集してきたかでさまざまな味や風味、香りが異なります。各花のはちみつの個性を味わうこともできます。アカシアやレンゲのはちみつが一般的ですが、長野県の旧軽井沢通りのはちみつ店(写真)では、多彩な花から取ったはちみつを見ることができます。とにかく草花が自生していれば、花からはちみつは集められます。健康ブームにのって薬草を植えて安中市ブランド『薬草花はちみつ』などいかがでしょうか?

 

3 楽しんで進めるうすい花街道、
3.1 道普請の創意・工夫
各集落が行う道普請が定着していますが、主たる作業は道端の草むしりです。そこで、、参加者みんなに花の苗、種を配布して、集落が決めた美観区間の市道や里道の空き地さらに休耕地に草花、薬草の種を撒く、植えて花街道づくりを目指してはいかがでしょうかまた。道普請に併せ子供育成会の、仮称『未来につなぐ花いっぱい運動』と連携して進めればより効果的となります。なお次回の道普請では草花、薬草を植えた区域の除草を行事として行うこととなります。

 

3.2 市の助成と美観競技
市は全集落に花の苗、種代として一律の金額を配布し支援しますが、制約条件なし。市道、里道の空き地さらに休耕地等の美観区間(場所)は集落に一任する。但し、市有地以外の県道等の空き地を利用する場合、市は集落代表者と一緒になって土地管理者から了解を取る。この事業は集落ごとの花街路づくりの美観競技でもあります。市は集落代表者と一緒に集落花美観コンテストを行い、審査し表彰を行います。優秀な美観区間はそれを賞する『刻印入り杭』と市内で採れた『はちみつ』を授与します。なお現地審査は花助成金の確認でもあります。この事業が定着すれば、各集落の人達は各地に設定された花美観地区と競うことから、
更なる創意・工夫の花づくりを進めるようになります。
(参考)
右写真3枚は磯部地区の街路で見かけた『花トピア』です。春~秋まで道行く人達に気持ちを癒してくれる。また花にチョウとミツバチが飛んでいました。このような花街路づくりを推進する提案です。

 

3.3 花づくりの効果
この事業は高齢者から子供達を巻き込んだ集落単位の自分達の花づくりを見てもらう制度です。小さな街路花壇をつくり褒められ、楽しんでもらう競技です。競技に参加する人は自然に野外に出ます、見るため歩きます、来年はどのよう花づくりしょうかと楽しみから、ストレスと運動不足そしてボケが解消され、健康になり、医療費が節減されます。優れた花美観地区は市の広報にも載せます。不法ゴミ捨ても減るでしょう。

 

4 薬草花を植えて危機管理
4.1 先人から学ぶ危機管理
地球規模で異変が起きている時代に必要なこと、『備えあれば憂いあり』。その備えに身近な薬草を植えて、安中市独自の危機管理を整えておくことも必要ではないでしょうか。今から227年前、天明3 年に浅間山が噴火して各地に火山灰を降らせた。日射量低下による冷害傾向をももたらし農作物には壊滅的な被害が生じた。天明の大飢饉を教訓に救飢植物ヒガンバナは水田の畦(あぜ)や墓地に多く植えられたという。現在は災害緊急用の非常食、医薬品は完備されているが、それでも安中市独自の薬草花を植えて緊急時に備えておく必要があると思っています。

 

4.2 安中市指定の薬草花
安中市の花めぐりを見るとロウバイ福寿草、秋間梅林、群馬フラワーハイランド、後閑城址公園、観梅公園アイリスの丘等の花団地が存在しております。行政支援を受けて、その草花団地の一角に安中市指定の薬草花ゾーンを設置して、緊急時に備えると共に、伝統漢方薬に興味があり、薬草が必要性とされた方々に無料で提供できる場所として市民に周知を図っておけば、いつか必ず役立つ日が来ると想定しております。  ※近い将来、国の厳しい財政事情を背景に高額医療費に耐えられない人々は身近な漢方薬に頼るでしょう。

 

4.3 薬草の健康管理
この薬草花の栽培を通じて、一杯が健康の維持・管理に役立つ薬用酒や健康茶の作り方も学習してはいかがでしょうか?薬膳の基本となる知識とともに、気軽に応用できる四季折々の薬膳料理について学んでおけば、いずれ役に立つと時が来ると思っております。そこから身近な薬草学習。さらに、庭がなくても楽しめる鉢植えやベランダでの薬草ガーデン作りも学べ、自由自在に薬草ガーデンを楽しめるようになります。さらに本格的に薬草を作りたい方には、自然に戻り、農薬害のない土地、耕作放棄地を利用してみてはいかがでしようか。そこから安中市特産の『薬草花はちみつ』も期待できます。

 

4.4 安中市の薬草花
安中市の薬草花として、薬草漢方薬原料植物は漢方処方に配合される生薬の原料となる植物で、身近なドクダミやゲンノショウコの他、キキョウやシャクヤクなどの「薬草」はいかがてしょうか。それとも主に料理に使われるミントやタイム、パセリ、バジルなどを中心に、数多くの「ハーブ」種類を植えて鑑賞したり、料理に使ったりと様々な利用を図ってみて、そこから、最も安中市にふさわしい薬草を指定する。

提案第6号 ごみステーションに工夫したボックスの設置

1. 提案の趣旨説明 

1.1 提案の趣旨 

ごみステーションのボックス各自治会などで独自に設置されているが、地区によってはボックスがなく、路上にゴミ袋が山積みされた箇所も見られます(写真)。市政の環境、美観の面からも改善策が必要です。市で補助制度を創設し、ある程度統一したボックスを創出してみてはいかがでしょうか? 

1.1 提案の説明

毎日の生活から出るゴミは、収集日に自宅の近くの道路にあるごみステーションのボックスに持込みます。

ゴミステーションのボックスは各班に設置されていますが、ごみステーションについては、その直近の家以外の人達にとっては、さほどの問題ではなく無関心の人が多いようです。特に市街地周辺のごみステーションにはボックスがなく、路上にゴミ袋が山積みされています。中にはカラスがゴミ袋を突付いる様子も確認されます(写真)。また住民以外の人がポイ捨の可能性もあります(写真)。安中市は温泉観光地でもあり、環境、美観の面からも改善が必要と思われます。各市町村ボックスを調査し、安中市自慢のボックスを創出する。次に新規及び従前に設置した固定施設の更新設置に補助金制度を創設する。安中市独自の統一したボックスを推進する制度を提案します。そこから住み易い環境づくり、地域の美観と連帯感の醸成そして活性化を図って見てみてはいかがでしょうか? 

2 ごみステーションのボックスの現状と問題点

2.1 市街地ごみステーションの現状

2.2 景観ボックスの必要性

3 近隣で見たごみステーションのボックス

4 改善施策

4.1ごみステーションのボックスに市の補助金

4.2 安中市『景観ボックス』の創出

4.3 資源ゴミの分別収集からボックス資金調達

5 その他、粗大ゴミについての提案

5.1粗大ゴミは(有料)の取り扱い

.2 粗大ゴミの回収

 

提案第7号 磯部炭酸鉱泉水ミネラルウォーターの創出

(全文掲載)  

1. 提案の趣旨説明

1.1 提案の趣旨

炭酸鉱泉水を利用した磯部せんべいは胃腸に良いとして、煎餅は全国的に知られています。源泉である炭酸水を安中ブランド深層水『磯部炭酸鉱泉水ミネラルウォーター』として売り出す提案です。

1.2 提案の説明

日本のミネラルウォーターブームは、1983年頃から販売し始めて以来、今もその市場は拡大、需要が増加している。銘柄も国産では7001500銘柄と推定、輸入品は250300銘柄が流通している。最近は水を電解処理したアルカリイオン水、海洋深層水を利用した飲料も流通している。  しかし欧州で健康に良いと評価されている炭酸水は国内では希少である。

日本1の磯部炭酸ガスから噴出している炭酸水を安中市で開発支援し、ペットボトルで安中ブランド深層水『磯部炭酸鉱泉水ミネラルウォーター』として、磯部温泉地等のお土産品、磯部せんべいと併せ売り出す、試飲評価から市場に流通させ、炭酸水の名水として欧米人向けに市場を拡大する。

 

2.磯部ガス田
2.1 日本1の炭酸ガス田
原市に上毛天然ガス工業㈱原市工場があるが、天然ガスを主とする天然ガス鉱床の地下資源があることはあまり知られていない。原市工場では南北約1.8km、幅0.6km の範囲に、深さ300m~800m ほどの坑井を約20 本も掘っている。1 日当たり3.000m3 以上の膨大な炭酸ガスの産出は日本1 であり、わが国で最も多量の炭酸水素イオンを含むものとして著明である。なじみの深い磯部鉱泉群からわき出る冷泉(強ナトリウム型炭酸泉・浴用のほか、磯部せんべいを焼くのに用いる)は炭酸ガスの噴出を伴うもので、このガス田の炭酸ガス付随水とまったく同じ泉質である。なお泉質はナトリウム・塩化物炭酸水素塩泉で、ドイツのベルツ博士が絶賛するほど万病に効くと言われている。


2.2 磯部断層と炭酸ガス
炭酸ガス鉱床の地質は約1.600 万年前に堆積した新第三紀の中新世の海成層であると考えられている。石油層と同じ鼻状背斜が2 本認められ、この背斜軸にそってほぼ南北に数本の断層が走っている。その中で重要な構造は磯部断層で、この断層とこれに伴う割れ目から炭酸ガスが自噴しているところもあり、また井戸水などの浅層地下水中の炭酸ガスが断層付近に多いことから、断層がガスの通路となっていることがわかる。ベントナイト化した凝灰岩をもつ砂岩泥岩の互層が良好な貯留層となっていると考えられる。第四紀火山のマグマに関連して地下深部からたえず補給される火山性のガスであり、そのためガス田の寿命はほとんど無限であろうと考えられている。


2.3 炭酸ガスの用途
全国で炭酸ガスを産出しているのは北海道函館市と大阪府南河内郡にあるが、それぞれが磯部・原市の炭酸ガスの約10分の1 であるから、地域資源として自慢することができる。炭酸ガスの用途として、開発当初は清涼飲料(サイダー)又は重曹製造に大半が使用されていた。現在は鋳型の製造用(30%)、溶接用(32%)、飲料用(5%)、ドライアイス原料用(7%)、消化器用(1%)、その他となっている。また磯部・嶺地域のガス化学組成は、炭酸ガス(CO2)約95%で残り窒素5%、酸素。メタンが主で硫化物などが少ない、クリーンな炭酸ガスとして、全国の炭酸ガス消化器の80%近くはここから出ている。


2.4 磯部・原市の炭酸ガス(CO2)埋蔵量・・・天然ガス技術協会誌より
・推定埋蔵量 1.247.000.000m3
・可採埋蔵量 451.200.000m3 36%
・推定埋蔵面積 12.900.000m2
・確定埋蔵面積 4.700.000m2 36%
・ガス層の数 5 層
・各層の厚さ 2m
・坑井の衰退率 不明

 

2.5 その他、磯部ガスは日本の二酸化炭素(CO2)研究者の注目される場所でもある「磯部ガス田の自噴ガス量は全く衰えず、むしろ僅かであるが、確実に増加している。」これを意味するものは、地下深部1km の互層にある貯留層に太古代の超好熱メタン菌が生息し、二酸化炭素(CO2)を餌にメタンガスを製造しているものと推測されます。
なおメタン菌は二酸化炭素(CO2)からメタンガスをつくり、このときのエネルギーを利用してCO2から自分の細胞をつくるのに必要な有機物を合成して生きている細菌です。
種類も多く、汚泥、淀んだどぶや、沼や水田、堆肥、糞便、牛などの反すう胃などに広く分布している。ならば火力発電所の石炭、石油廃棄物等の二酸化炭素に触媒を加え、超好熱メタン菌を使って発生するメタンガスはクリーンな発電用燃料に再利用できるのではないか。 超好熱メタン菌上毛天然ガス田では、炭酸ガスとメタンガスを採取しているが、その地下深部でメタンガスを製造している優良な超好熱メタン菌の発見とメタンガス生成過程の解明に期待ができるだろう。
採取したメタン菌はバイオマス技術によって、更に高機能バクテリアに遺伝子改良、また地下深部で生息している超好熱メタン菌によるメタンガスの生成機能を研究開発すれば、石炭発電所からの廃棄物、液化CO2にメタン菌を触媒させてメタンガスを取り出すバイオマス技術の開発も不可能ではないと推測されます。廃棄物CO2はクリーンな発電用燃料の資源に再生が可能かもしれません。その技術が開発された時、CO2リサイクルの最先端技術の拠点として安中市は全国から
注目されるでしょう?
以下、参考資料
(磯部せんべいと炭酸水)・・・インナターネットの磯部せんべい
日本で最初に炭酸鉱泉水を利用した磯部せんべいは1873 年に同地の医師、堀口謙斎により磯部温泉の高い効能が確かめられ、当時の県衛生局により飲用や食品への加工が認められたことから始まる。さらにその後磯部温泉まで信越本線が開通し、土産物として(一説によると大手萬平という人物により)磯部せんべいが考案されたとされる。140年の歴史のある磯部せんべいは、群馬県安中市にある温泉地、磯部温泉で作られる煎餅の1 つである。同温泉の多数のメーカーが製造・販売しており、実演販売を行っている店もある。
(原市の炭酸ガス産業)・・インナターネットの上毛天然瓦斯工業(株)
世界を凌駕するわが国の生産技術、自動車、造船、建設、鉄工から家電、ハイテク産業まで、あらゆる分野に上毛は高品質の炭酸ガスを提供しています。上毛は、産業技術の進歩と共に成長を続けています。 炭酸ガスの新しい利用分野の研究開発を進め、また、保安体制の確立など、産業界発展の一翼も担っています。溶接(アーク溶接のシールドガス) □低温加工(冷やし嵌め) □バリ取り(ゴム・樹脂製品のバリ取り) □環境保全(産業排水の中和) □消火剤(設備・船舶などの消火) □鋳物(鋳型造形の効率化)(炭酸泉と炭酸水素塩泉)・・・インナターネットより
炭酸水(たんさんすい)とは、炭酸ガスを含む水のことをいう。とくに炭酸泉が密集して分布するのは以下の地域です。
a) 群馬県南西部から長野県八ヶ岳周辺にかけて ・・ 磯部、 妙義、稲子湯など
b) 岐阜・長野県境の御嶽山周辺 ・・湯屋、塩沢、王滝など
c) 近畿地方中央部 ・・・ 有馬、吉川、花山、二見など
d) 島根県西部 ・・・ 小屋原、三瓶など
e) 大分県久住・直入 ・・・ 長湯、阿蘇野、赤川など
f) 霧島周辺 ・・・ 高原町、新川など
このほか東北地方では出羽山地に、大塩、飯豊、泡ノ湯、みちのく、といった孤立
した炭酸泉が みられます。図の左側は地質の分布で、赤茶系の色は比較的新しい時代の火山に相当します。緑色の部分は同時 期に堆積した地層をあらわしています。白抜きの部分は、より古い時代の地層や花崗岩などのいわ ゆる基盤岩が分布する地域です。これをみると、炭酸泉の密集地には概ね新しい時代の火山活動があり、火山性の炭酸ガスの供給が 関係しているら
しいことが推察できます。しかし、c)の近畿地方中央部や、四国北部、東北出羽丘 陵といった地域には新しい時代の火山はなく、火山性ではない成因がありそうです。また、濃度は 低いものの、関東平野や十勝平野といった新しい時代の地層が厚く堆積した地域では、炭酸ガスを 含む温泉がふつうにみられます。これもまた別の成因がありそうです。
(世界の炭酸水)・・インナターネットから
欧米では、ミネラルウォーターの原料となる水に元々炭酸が含まれているものがあり、ミネラルウォーターといえば炭酸水を指すことが多い(代表例:サンペレグリノ)。炭酸水を冷やさずに常温で飲むと独特の味わいになるため、日常的に炭酸水を飲む習慣がない日本人には馴染めないことがある。特に「ガスなし」と断らないと炭酸水が出てくることがあるので注意すること。
(炭酸水の効能)
・炭酸飲料は胃や腸の粘膜を炭酸成分が刺激し、胃腸の煽動を促進します。満腹感も出るので、食べすぎが気になる方は食前の炭酸飲料がおすすめです。
・炭酸水を飲むことでお腹が膨れ満腹感を感じると同時に、利尿を促す効果もあるようです。ダイエットに使う時はなるべくミネラルが豊富な硬度の高い炭酸水を選ぶことがポイントです。
・美肌効果が期待できるということです。炭酸水は素肌に良いとされている弱酸性で抗菌作用を持っているので、肌を痛めずに細菌を抑制してくれるのです。酸素の25倍もの透過性をもち肌によく浸透して、毛穴に詰まった汚れをすっきりと取り除いてくれるのです。
・炭酸水には血行を促進する働きがあり「炭酸泉」という温泉もあります。
(参考:ミネラルウォーターの定義)
ミネラルウォーター (Mineral water) とは、容器入り飲料水のうち、地下水を原水とするものを言う。特に、原水の成分に無機塩添加などの調整を行っていないものは、ナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウォーターと呼ぶ。一方、原水が地下水でないものは、ボトルドウォーターと呼ぶ。これらの区分については、農林水産省がガイドラインを定めている。

提案第8号 安中市民の飲料水、碓氷川を清流に戻す施策

1 提案の趣旨説明

1.1 提案の趣旨

安中市民の約19千世帯が利用する水道水は碓氷川、郷原の久保井戸浄水場から取水されている。旧松井田町の約12千世帯は碓氷川と霧積川の上流の坂本浄水場からの水です。取水地点で水質測定、公開されている硬度データ等から比較すると、水質は久保井戸浄水場の方が1.7倍近く悪い。安全でおいしい水の供給を積極的に推進することは安中市民の願いです。そこで久保井戸浄水場から上流を清流に戻す施策と安中市民が飲む水源地帯の汚濁防止条例の制定について提案します。

1.2  提案の説明

 長寿社会の到来を背景とした国民の健康への関心が高まっている。約65%が水であることから、ヒトが健康な生命現象を遂行するには、十分な水と質の高い水が不可欠となります。水は健康の源として、水質を評価する時代に移行してきました。

安中市民が飲む水、水源の碓氷川は旧碓氷峠の熊野神社下から湧き出し、碓氷峠の山中を流れ下り、碓氷湖へと注ぐ。旧松井田町民の水道水は、この碓氷川と霧積川の上流で取水されている坂本浄水場からの水で、水質は良く、美味しくて安全な水であり、そのままで安心して飲める程、清流です。これまで、水源地帯の汚染が懸念されるような開発計画があったが、町民の反対運動で守った経緯がある。一方、旧安中市民が飲む水は碓氷川を流下し郷原の久保井戸浄水場で取水されている水です。この地点の水質は悪く、川底の砂礫は・・で覆われ、時には・・・・っています。安中市民はその水を浄水場で濾して飲んでいます。確かに浄水場では法律に基づく厳格な水質調査を毎日行っていますが、真に安心、安全な水なのか不安です。そこで碓氷川の久保井戸浄水場から上流、横川までに至る約5km区間で水質汚濁をなくすために必要な手段として、「安中市民が飲む水源地帯の汚濁防止条例」の制定と川の自浄機能である砂礫層の自然回復を図り、清流に戻すための具体的な施策について提案させて頂きます。

2 自立した自然環境形成のための連携づくり 

.1 水源流域自然環境基盤づくり

.2 自然環境形成のための地域連携 

3 久保井戸浄水場の碓氷川水源水質

3.1 COD測定結果 

3.1 碓氷川水源水質の実態

3.2 群馬県/浄水場別硬度ランキング

4 久保井戸浄水場の水質悪化の要因

4.1 化学肥料、農薬散布

4.2 家庭雑排水、観光産業からの流入

4.3 ・・、企業等、排水の流入

5 碓氷川の自然浄化機能の低下要因

5.1 中木ダムの砂礫堆積

5.2 微生物(バクテリア)による浄化機能の低下

6 安中市民が飲む水源地帯の汚濁防止条例の制定

6.1 趣旨

6.2 目的 

7 清流に戻す施策

7.1 碓氷川の監視と対策

7.2 水源流域の自然再生事業

7.3 浄化機能の向上

7.4 コンクリート構造物から自然浄化工法へ

7.5 碓久保井戸浄水場の流入口に中木ダムの砂礫で濾過

提案第9号 日本五大童話の一つ「舌切り雀」を市の指定童話にして人生訓の進め

(全文掲載) http://www.olive-x.com/news_30/newsdisp.php?n=99852 SSのエッセイ 

1 提案の趣旨説明

1.1  提案の趣旨

 日本五大童話の一つ「舌切り雀」は磯部温泉が発祥の地であるが、お話では正直者で優しいおじいさんは、「小さなつづら」を選んで宝物を手にする。意地悪で欲張りのばあさんは「大きなつづら」を選んでお化けが出てくる。この昔話、現代人は基より企業経営者、国会議員そして役人の品行にもあてはまる。現代人の人生訓になる昔話として「舌切り雀」の教えを全国に宣伝すべきではないかと提案します。

1.2  提案の説明

「舌切り雀」は五大御伽噺のひとつとして江戸時代の赤本等に載せられ広く民間に普及した不朽の名作です。これは日本「欲張りの丸損」、英国「Grasp all, lose all.(全てを手に入れようとする者は全て失う)」の通り、欲張りすぎると結局は文無し。現在の政治、社会や株取引においても自分の欲張り基準に考えると思わぬ落とし穴がそこかしこに当てはまる。日常生活においても腹八分にしておくことを、適度に運動をすることを、健康のためにも節度が大切さをこの「舌切り雀」から教えてくれるものです。

 そこで昔話「舌切り雀」を市の指定童話にして教育の場で積極的に朗読を進めてはいかがと提案します。小学校は、心情、意欲、態度、基本的生活習慣など、生涯にわたる人間. 形成の基礎が培われる極めて重要な時期です。生涯の人生訓として役立つでしょう。また安中市は「舌切り雀」のゆかりの地として、県は知名度、全国最下位からランク上げ施策の一環として『伝えたい「舌切り雀」物語』を全国にPR・広報すべきではないかと提案します。

  

2 「舌切り雀」に関する資料 

2.1 日本童話宝玉選 

日本童話宝玉選の巻末の解説によりますと、五大童話または 五大昔噺 と言われているのは、古くから流布されていたおとぎ話
 桃太郎(岡山市)/花咲じじい(不明)/舌切雀(安中市)/さるかに合戦(海外?不明)/かちかち山(海外?不明)               

この五大童話は日本の不朽の名作と言われている。

 

2.2 日本おとぎ話の起源と啓蒙

狭義のおとぎ話(御伽話)は、太閤秀が抱えた御伽の語った面白話に起源があるとされる。御伽という風習そのものは別名夜伽(=通夜)にもあるように、古くからある徹夜で語り明かす伝統に基づいている(庚申)。その晩に話される話を夜伽話、転じて御伽話とされるに至った。秀吉は人の心を掴む天才とされているが、その戦術はおとぎ話から知識を得たという説話がある。さらに日本を占領したGHQは「戦争色の強い映画や出版物」を次々と没収。その中に国策映画「桃太郎海の神兵」は日本軍の栄光を描いた内容だったためフィルムごと没収されている。桃太郎(日本)が鬼(東南アジア他)退治し戦利品を持ち帰り凱旋する話だったようです。

 

2.3 「舌切り雀」話の起源

この話は、明治、大正期の文豪で児童文学者の巌谷小波(いわや・さざなみ)が、磯部温泉の宿に逗留し、この地の伝説を日本伝承五大童話「舌切り雀」として書き上げた。舌切り雀の伝説は各地に伝えがあるが、磯部温泉が「舌切り雀」発祥の地であると、巌谷小波が折り紙を付けたと言われている。

2.4 あらすじ・・・インターネット情報から抜粋 

お爺さんに助けられてかわいがられていたは、お婆さんが障子の張り替えに使おうとしていたを食べてしまい、舌を切られて逃げ出す。その雀をお爺さんが追って山へ行くと、雀たちが恩返しにご馳走してくれたり踊りを見せてくれた。お土産として大小2つのつづらのどちらを持って行くか聞かれ、小さい方を持って帰り家に着いて中を見てみると小判が詰まっていた。欲張りなお婆さんは、大きなつづらをもらおうと雀の宿に押しかけ、大きい方を強引に受け取って、帰り道で開けてみると中には妖怪蜥蜴が詰まっており、お婆さんは腰を抜かし気絶してしまう(妖怪に食い殺されてしまうという説もあり)。 

原典・類話 [編集]

さるかに合戦かちかち山など、多くの民話の類がそうであるように、この話も本来言い伝えられて来たものは残酷でグロテスクな内容を含んでいる。老人は雀の宿を探すために何人もの人に道を聞くが、彼らは引き替えに馬の血や牛の小便 を老人に飲ませるなどといった場面がある(この部分は、洗い水に変更されたバージョンもある)。明治時代以後、子供にふさわしい物語とするためこうした過激な部分は削除され、おとぎ話としての形が整えられた。このように、おとぎ話は時代背景や世相に伴い、内容が改変されていくことが多い。江戸時代の赤本や明治時代の巌谷小波によって広く知られている昔話だが、その影響でないものも各地に存在する。宇治拾遺物語の「腰折雀」、(腰の折れた雀を助けた婆は瓢の種をもらう、実が成ると中から白米や金銀財宝が出てくる。うらやんだ隣の婆はわざと雀の腰を折り真似をするが瓢から蛇や蜂が出て刺されて死ぬ。朝鮮に同話あり)は報恩譚としてとらえられるが、舌切り雀は試練を得て異境を訪問するので似ているが話の源が違うと考えられる。またその他の話として「孝行雀」、「雀の粗忽」、「雀の仇討」、「雀酒屋」などがあり、穀物の招来・管理に雀が関わっている場合が多い。

 

2.5 磯部温泉は「舌切り雀」の伝説がある土地

明治の文豪巌谷小波(いわやさざなみ)が宿泊し、磯部温泉こそが舌切雀伝説発祥の地であると「舌切り雀」の昔話を書き上げたそうです。その時詠まれた句、 「竹の春 雀千代ふる お宿かな」の句碑が磯部ガーデンにあります。

おとぎ話「雀のお宿」は昔からあった話ですが、大昔に村人たちが、この庄屋の館「現在のホテル磯部ガーデン」を「まるで雀のお宿の様だ」と言うようになり、巌谷小波が宿泊の際に、童話化したのがきっかけのようです。正確には、雀のお宿の発祥の地ではなく、童話化された昔話のモデルといったところのようです。磯部ガーデン敷地内には、舌切雀神社が祀られてます。

 

2.6 今も十分に通用する教訓

 「舌切り雀」のお話は、動物報恩譚の一種ですが、一方で「欲張ると怖い目に遭う」という、いましめの教訓でもあり、「舌切り雀」のお話では、正直者で優しいおじいさんは、「小さなつづら」を選んで宝物を手にする。意地悪で欲張りのばあさんは「大きなつづら」を選んでお化けが出てくる。今も十分に通用する教訓である。この教訓に反して「欲張る」と、失敗する例が多い。昔は道徳教育でこの教訓の話をよく読んで聞かされたものだ。

 

現代の政治家、官僚達、企業の行動にもあてはまる。儲け話につい乗って、「大きなつづら」を選んでこんなはずではなかった、それが金融破綻、大事故、企業倒産などにつながる。未来が不確定の現在にあっては、「舌切り雀」の教訓は活かされる。

政治と金の××代議士の政治献金問題、規定に基づいて報告している、法に違反していなければ問題ないと言っているが、世間様からは要は形式ではなく、その欲張ってもらった行為そのものが問題なのだ。「大きなつづら」を選んで結果、お化けが出てくることもかねない。

優等生の××外務大臣は、過去に偽情報の「大きなつづら」からお化けが出てきた、そして今回の尖閣諸島領有権問題で2000年の風水国家中国を相手に「大きなつづら」を選んでお化けが出てきてしまった。日本の童話「舌切り雀」のお話を知って、「小さなつづら」を選んでいたなら、懸案を風のごとくかわし、海底資源の両有国権利、共同開発という宝物を手にすることもあり得たでしょう、残念です。ハマコーさんは現在流の「舌切り雀」の大きなつづらを選んだ見事なお話です。

 

 このお話の教訓は、「善良で、謙虚であれ」ということだと思う。 欲張りすぎて損ばかり教訓であるが、人間って誰しも多少なりとも欲張りがあり、おいしい物を食べたいし、つい美味しい話に乗ってしまう、貧乏より裕福なほうを望みたい、しかし上ばかり見すぎて奈落の底にはまることが少なくない。「舌切り雀」のお話は、世の中の人生訓として子供から大人まで通じる戒めではないでしょうか。またバブル崩壊とリーマン・ショック等で「大きなつづら」からお化けを経験してきた多くの日本人が今こそ学ぶべき教訓ではないかと思います。

そこで戦時中は国策で「桃太郎」の教えを進めたが、現在は「舌切り雀」のお話を道徳教本に載せ、人生に失敗しない人生訓として舌切り雀を教えるべきと考えます。

 

3 朗読の進め 

3.1 小学校で朗読の時間 

舌切り雀は、意地悪や欲張りをしてはいけないという教訓を含んだ話ですよね。この話も、子供でも分かりやすい、意地悪や欲張りを戒めるための話ですね。欲張ると怖い目にあうぞ 昔話「舌切り雀」の教訓のお話を安中市の指定童話とし、この名作を小学校で朗読の時間を設け、話の内容を理解させ人生訓として教え込む。また老人ホーム等で児童が語る、寸劇『ふるさと童話舌切り雀座』に期待したい。

 

4 「舌切り雀」の宣伝活動

4.1 安中市の宣伝活動

 日本五大童話の一つ「舌切り雀」の発祥の地として、のぼり旗を国道18号線、駅前、市内イベント会場等に掲げPRする。いずれ全国ネットのTV局から話題性ありと取材されるでしょう。その前に十分に資料を揃え、展示そして宣伝活動のシナリオづくりが大事とされます。そのためには日本五大童話の一つ「舌切り雀」に関する資料収集を図るともに文化会館で「舌切り雀」語り部講座を開設し、TV局等からの取材に応じる体制づくりが必要とされます。

 

4.2 県の宣伝活動

全国で知名度最下位からの脱却の切り札として、また観光県を目指している施策の一環として、県は安中市観光協会、そして磯部温泉組合と協賛で東京銀座の群馬県PR拠点「ぐんまちゃん家」日本五大童話の一つ『伝えたい「舌切り雀」物語』の発祥の地イベントを開催し全国にPR・広報すべきではないかと提案します。現在に活かせる「舌切り雀」物語として話題となるでしょう。                                                         そこでは、お守り『人生訓舌切雀守』の販売、そして「大きなつづら」からはお化けが出るぞ流行語を創りだす。

 

4.3 舌切雀神社

全国から舌切雀神社の人生訓を授かろうと来たが、お守りもない、説明者もいない、さてどうしょうか?では困る。人生訓ある「舌切り雀」護符から魔法のように御利益が訪れるお守りづくりが必要です。

お守りのデザインは“切り絵界の第一人者”安中市に生まれの 関口コオSekiguchi Kooによる。更に切り絵童話「舌切り雀」物語の創作が期待される。次に解説ボランティアを募り、市の「舌切り雀」語り部講座でみっちり学習、物語は現在流に修正して観光客の心に鮮明に残せるもの、人生の岐路で物語が鮮明に蘇るインパクトのある語りが望ましい。あの時の説法が役立った、助かったと、舌切雀神社に再度お礼参り来るリピターに期待したい。

 

5 期待される効果

5.1 安中市

 安中市は日本五大童話の一つ「舌切り雀」の発祥地として、また温泉の舌切雀神社は人生訓の叶う神社として全国に轟くこととなります。お守りは観光客だけではなく政治家の外交舞台で、企業経営者は事業拡大、そして官僚は出世のお宝として「大きなつづら」からお化けが出ないよう、人生岐路の勝負時に「舌切り雀」お守りに願いを託すでしょう。

磯部温泉は人生訓の洗礼を授かるお湯として一気に繁栄するでしょう。

そして舌切雀神社の石土台は人生訓の意思(石)が授かるとして、削って持ち去る人が増えるでしょう?

 

提案第10号 安中市歳時記カレンダーで生活に役立つ行事・イベントをチェック  (全文掲載) 

1 提案の趣旨説明

1.1  提案の趣旨

  暮らしに役立つ生活、市内行事そして四季折々の風物史や動植物、衣食住などが季節ごとにまとめられている安中市歳時記カレンダーを作成し、市民が生活に役立つ行事・イベント情報から共有を図る。また公民館前に碓氷関所風の掲示板を設置し、市内のイベント情報の提供とくらしに役立つ、みんなが利用できるお知らせから住民自治の振興を図る。

 

1.2  提案の説明

今月はどんな行事や祭りが行われるだろうか、安中歴史上どんなことがあった日なのだろうか。なんでもわかる365日便利帳、雑学カレンダーは生活において、さまざまに活用され座右の歳時記となると思います。

カレンダーを見て積極的に市内の行事に参加したり、市内の歴史遺産や伝統文化に触れたり、自ら新たな地域文化を発信できる創造文化づくり施策、いわゆる“豊かな命の建設事業”として取り組むべき施策ではないかと思います。

そこで、生活に関わる『安中市歳時記カレンダー』を作成して市民の豊かな命を醸成してみませんか?今日では忘れかけた、普段気が付かなかった身近な歴史遺産、歴史を刻んだから当時を思い浮かべ、市内を散策してみませんか?

伝統行事そして四季の彩る様々な自然の姿、暦の中にその移り行く姿を感じてみませんか。身近にありながら知らなかった自然・風物史に心を奪われ、豊かな命づくりから日々を過ごし、愛郷心を創り出す施策も大事かと思います。

そして身近な公民館前『掲示板』を設置して、市広報そして地域のお知らせを提示すると共に、個人が我が人生の歴史づくりと称して、自分の創作活動、イベント情報のパンフレット等で表現できる場があっても良いのではないでしょうか。 

2.安中市歳時記カレンダー の目途

暮らしに役立つ生活情報、市内行事そして四季折々の風物や動植物、衣食住などが季節ごとにまとめられている機能性の高いもので、市民が生活に役立つ行事・イベントをチェックから情報共有を図ることを目的とする。。

また安中市歳時記カレンダーは公民館前掲示板に張り出し、くらしに役立つみんなが利用できる広報を展開し地域力を高めます。
 具体的には安中市歳時記カレンダーは生活に役立つ行事・イベント等で市民がチェックできるものを基本とし、行事の日時等は関係機関等から年度計画を聞き取り調査して掲載します。

併せ市内の歴史的事物遺産を選定し、市内の歴史研究家から残すべきすぐれた歴史遺産を掲載します。
 また安中市歳時記からいかに豊かな四季に恵まれ、歴史、風土であるかが分かるものを掲載します。

毎日眺めることで、生活における座右の歳時記となる機能性の高いものを目指します。

なお将来的にはパソコンが全世帯に普及した時点でインターネット『HP安中市歳時記カレンダー』に移行して行きます。安中市歳時記カレンダーとはこんな感じです。

 

2.1 安中市の歴史的遺産は郷土歴史家達が選定

いわゆる安中市の歴史的遺産を歳時記カレンダーに刻みます。市民が共有する知りたい、行ってみたい、それを子供達に伝えたい、また子供達自身が郷土史を知り、人物像から生き方に励みとなります。安中の歴史を後世に継承したい。知ってためになった豆知識歴といった感じかな。 

例えば、安中市の歴史である市町合併日、新島譲の生誕日、市内の学校開校日、松井田城落城日、安政遠足の発祥日、温泉マークが世に出た日とか・・・たくさんの中から市民にとって後世に伝えたい歴史的遺産、「地域にこんな歴史、文化そして行事があったのか、皆で復活して地域を元気するか」とか、後世の子供達に伝えたいね、県外の郷友にカレンダーを送りたい、話したいねと思われるような郷土の風物史を郷土歴史家達が選定する。上毛カルタのように安中市歳時記カレンダーを普及させたい。

 

2.2 安中市の天気情報を載せる

安中市内の前年度天気を載せます。1年通じて天気予報は殆ど変わらないものです。去年のこの日はこんな天気だったから天候に注意しょうとか。出来れば3ヵ年前まで載せれば正確な天気が予測できます。

 

2.3 イベント情報を載せる

運動会日、市民文化祭日、安政遠足マラソン日、秋間の梅開花イベント日、市内公園の花だより等。会各地区のイベント情報、観光協会が主催するイベント、体育協会が主催するイベントについての役員が選定する。更に歳時記カレンダーを地域に伝達させるため、地区の公民館前に市内共通の『掲示板』を設置し情報の共有化を図ります。

 

2.4 安中市歳時記カレンダーは無料、有料配布か?

基本的には無料配布、あるいは印刷前に各家庭に回覧し希望部数を取り千円程度で有償配布する。但し1部は公民館前の掲示板に張り出し、市民誰もが、閲覧できるようにする。

 

3. 掲示板の設置とは

市はこれまでも様々な機会を通じて市民の意見や考え方を市政に反映してきましたが、さらに広く市民の意見を求めながら市民と行政との協働によるまちづくりを進める施策が必要です。市政のお知らせなどの文書を貼り出して広く掲示しておくための掲示板の設置。同時に「市民の声」、例えば地域のドンドン焼き日時を知らせるチラシ、住民が創作した独自のチラシを掲示できる場が必要なのです。市内には町内会のちょっとした掲示板が見られますが、安中市らしいアイデンティティのある掲示版、例えば碓氷関所(写真)模写した掲示板を補助金で奨励する。そこからくらしに役立つみんなとの情報交換や馴れ合い、日常生活の情報、お役立ち情報、例えば、盆栽クラブでイベント案内パンフ等を自由に掲示できる場としたい。

 

3.1 なぜ掲示板のデザインは碓氷の関所なのか?

碓氷の関所は安中市にとって、いや日本の歴史的遺産なのです。だから市民にとって誇るべき遺産が最も市民の声を載せる場所として相応しいと判断したのです。それに江戸時代のお知らせ版もこんな感じではなかったでしょうか。 

市民の声はいわば、平成のかわら版なのです。まず統一した掲示板から情報の共有化を図ります。

同じ規格で廃プラによる完成品で1基8万円程度のもの。1年20基、160万円を目途に予算化に期待したい。

 

3.2 掲示板設置補助金制度の創設

各自治会から補助申請する場合の手続等は安中市掲示板設置費補助金交付要に基づくものとする。

・交付の目的

自治会での掲示板の設置を奨励し、住民自治の振興と地域力を高める。

・掲示板

掲示板とは、ポスター等を掲示するために自治会が設置した恒久的な構造物であり、自治会により維持管理するもので市が一括して統一廃プラを活用した機能性高く耐久性の高い廃プラ掲示板を準備する。1基8万円

・補助対象基準及び補助金の額又は交付率

補助対象者は、各町(区)の自治会の代表者とする。

掲示板を新たに設置するために要する経費を対象とする。

補助の対象となる掲示板は、1自治会につき単年度あたり1基を限度とする。

補助金の額は、掲示板と設置費の内、5万円を補助する。

 

3.3 国の補助制度に期待

頑張る地方応援プログラムの活用 

総務省では、やる気のある地方が自由に独自の施策を展開することにより、「魅力ある地方」に生まれ変わるよう、地方独自のプロジェクトを自ら考え、前向きに取り組む地方自治体に対し、地方交付税等の支援措置を行っています。

 

期待される効果 

歳時記カレンダーは365日便利帳として、なんでもわかる情報暦、歴史地域が得られる子供座からお年寄りまで生活に役立つ便利なもの活用されるでしょう。また市町合併後の安中市全体像を知ることで子供達が明日への励みが高まるでしょう。

 

安中市歳時記カレンダーから安中市は創造性豊かな土地柄であることが分かります。日本で最初に結晶シリコンが試作されたのは、信越化学磯部工場であり、地形勾配を活用した東邦亜鉛精錬所、温泉マーク、舌切り雀、安政遠足、幕府直営で築造された人見堰その発想の豊かさ、鎖国体制下の江戸時代で新島譲の海外密航、以外なのは妙義山を背景に絵画アトリエが非常に多いところです。そして松井田町には自然の宝庫、緑豊かな小根山森林公園、安中公害闘争そして米軍基地反対闘争も市の歴史的遺産等・・・歴史から地域特性が見出せます。この地域特性は市政で役立つものとなります。 

また掲示板からは市政を伝え、市民の声が伝わる広報の場として役立つものとなります。

提案第11号 くらしの行政相談員指定制度  (全文掲載) 

提案の趣旨説明

1.1 提案の趣旨

急速な高齢化や核家族化、地域社会の連帯感の希薄化などにより、市民が求める公共サービスと行政が対応可能な行政サービスの間に溝が生じています。また近い将来に予測されている超高齢化社会で弱者である独居高齢者や障害者が身辺でくらしの相談ができ、安心して暮らせる市民行政の体制づくりが必要とされています。その身近な市民行政を進めるために『くらしの行政相談員指定制度』を創設し、行政手続きに精通している市内の行政書士に業務委託を試行してみたらいかがでしょうか。行政書士事務所の所在地ごとに地区を割り当て、地区担当する行政相談員が高齢者や障害者らの自宅に出向いて必要とする住民票や各種証明などを届けたり、また必要とする書類を代理作成し市役所に届けたり、くらしの相談に応じたり、時には独居高齢者の振り込め詐欺防止へのアドバイス、サポート等も行ってくれる巡回する生活安心ネットについて施策を提案します。

 

1.2 提案の説明

市町合併に伴いより効率的な行政運営、厳しい財政事情から市民が求める行政サービス供給の多様化を行政だけがカバーすることは困難な時代になってきています。昔の役場職員は住民にとって身近な存在でした。住民と役場職員があーうんの呼吸の中で地域行政は成り立っていました。現在はすべてが機械的な事務作業に変貌しています。いわゆる血の通わない行政システムとなっています。一方、急速な高齢化や核家族化、地域社会の連帯感の希薄化などにより、市民が求める公共サービスと行政が対応可能な各種の行政サービスの間に溝が生じています。その対策の一環として市役所まで出向くのが難しい高齢者や障害者らの自宅へ必要とする住民票や各種証明などを届ける「動く市役所」が考えられておりますが、これを施行した場合、市職員の出張、時間外勤務手当て、特殊業務手当て等が発生し新たな財源確保が必要となり、公務員の給与は高いため時間外手当等の増大から厳しい財政を圧迫するでしょう。また担当者が人事により毎年入れ替わり、血の通わない行政の延長となるため行政サービスの費用対効果等は期待できないでしょう。そこで書類の作成、代理提出そしてアドバイス、サポートを業とする群馬県行政書士会に会員登録され、業務に精通している市内の行政書士30 名から希望者を選定し、行政書士事務所在地ごとに地区を割り当て、行政サービスを代行する『くらしの行政相談員指定制度』を試行してみたらいかがでしょうか。なお行政書士という仕事は非常に地域に密着しています。また厳格な法律上守秘義務がありますので、安心して依頼できますし、行政に関する相談事等も受けられます。身近で顔見知りの行政相談員が独居高齢者や障害者宅に市役所からの各種書類の宅配サービス、依頼者に代わって書類を作成し市役所に届ける。時にはくらしの相談、アドバイスから血の通った行政サービスの充実を図る。それは無縁社会での独居高齢者の振り込め詐欺防止等の高齢者を狙った詐欺防止にも役立つのではないでしょうか。

 

くらしの行政相談員指定制度とは

2.1 くらしの行政相談員指定制度

くらしの行政相談員制度とは、行政書士事務所在地ごとに市から業務委託された行政書士を割り当て、高齢者や障害者らの自宅へ必要とする転入・転居・転出や戸籍関係の届出、住民票などの各種証明書、その他各種の申請や届出の受付、代行手続き、必要に応じて税金の収納事務など、書類の作成も代理提出もアドバイス、サポートも行ってくれる。いわゆる出向く市役所の代行サービスを行う制度です。

 

2.2 くらしの行政相談員制度の試行

くらしの行政相談員の業務内容は転入・転居・転出や戸籍関係の届出、住民票などの各種証明書の交付、その他各種の申請や届出の受付、税金の収納事務などを通じて無縁社会人と行政との仲介的な連携を図ることを目途とする。弱者救済事業の一環として、市役所まで出向くのが難しい高齢者や障害者らの自宅へ必要とする住民票や各種証明などを届け、併せくらしの相談に応じる制度を試行する。

 

2.3 行政サービスの対象者

住民票等の宅配サービスを受けられる人は、市役所まで出向くのが困難な高齢者、障害者、小さなお子さんを養育している方などで、市役所で申請を受け、必要性があると認められた方です。・申請することができる人 1. 1人で外出及び家族による申請が困難な世帯で、次のいずれかの要件を満たす方 2. 世帯員が65 歳以上の高齢者のみである世帯の方 3. 身体障害者手帳(肢体不自由、視覚障害の方)及び療育手帳を所持している方 4. 要介護認定者で同居の方が主に介護をされている方 5. 生後4ヶ月までの子どもがいる世帯の方 6. その他、市長が対象者と同等の状態にあると認めた方 

 

 2.4 行政書類宅配サービスの進め方

1. 依頼人又は市の担当係りからくらしの行政相談員に電話等で行政書類の宅配サービスの申し込みをする。2. くらしの行政相談員が市から証明書等を預かり持って訪問する。又は届け書等を代理作成し市に届ける。3. 証明書等と引き換えに、証明手数料を訪問した行政相談員に支払います。4. また障害福祉サービスなどの手続きが必要な方で、おひとりでの外出が困難で家族による申請もできないという方はくらしの行政相談員まで電話連絡、又は行政相談員が定期的に訪問し、必要に応じて福祉課に連絡、職員が自宅へ伺うシステム。5. 福祉業務等においては、必要に応じて区長及び民生委員等と緊密な連携から業務を進める。

 

くらしの行政相談員制度の施行

3.1 安中市と指定行政書士が業務委託の締結

(趣旨)

多様化する住民ニーズや弱者救済の迅速な対応、併せ行政の効果的、効率的な運営を図るため、市から委託を受けた市内の指定行政書士が転入・転居・転出や戸籍関係の届出、住民票などの各種証明書、その他各種の申請や届出の受付、税金の収納事務の手続き、更に独居高齢者等の弱者が不便なく生活を営むことができるよう、民間能力を活用しつつ住民サービスの向上と無縁社会化の防止を図るとともに市経費の節減等を図ることを目的に創設された民間委託による行政事務代行制度。くらしの行政相談員制度は、市内で行政手続きの代行を専門に業として事務所を構える行政書士で、市からくらしの行政相談員としての業務委託を受け、担当地区の行政書類宅配サービス等の行政代行業務を執行する。

(施行)

行政書士業務との混合を防ぐという観点からも、業務委託書および仕様書などで下記の項目などを盛り込んで施行する。

第1条(業務)くらしの行政相談員が行為する宅配サービス業務項目は市と予め業務委託書の締結事項とする。第1条(義務)くらしの行政相談員がサービス向上と改善のために応じた相談は市担当課に報告する義務を負う。

第2条(提出)くらしの行政相談員は業務日誌を作成し定期的に市担当管理者に提出する。第3条(指導)くらしの行政相談員は担当する市職員の指導に従う。

第4条(連携)くらしの行政相談員は必要に応じて区長、民生委員と緊密な連携を図りながら業務を遂行すること。第5条(運営)市担当係は定期的に市役所内でくらしの行政相談報告会・運営会議などを設けサービス向上に努める。

第6条(評価)利用者である市民の業務評価をうける。第7条(監査)くらしの行政相談員を指定した地方公共団体及び第三者機関による監査をうける。

 

3.2 行政書士会安中支部くらしの行政相談員部会

くらしの行政相談員の質的向上を図るため、行政書士会安中支部にくらしの行政相談員部会を創設し、市行政サービス担当係りと緊密な連携と行政力向上を図るため、定期的な会合と行政研修から代行者としての質的改善に努めるものとする

 

3.3 くらしの行政相談員経費

安中市内行政書士30 名の内、くらしの行政相談員希望者、約15 名を近隣地区に割り当てする。委託支払いは基本委託費月5 万円とし口座振込み。委託内訳:交通費1万円、通信費5 千円、業務費3 5 千円 その他、対象者人数に応じて1 万円を限度に上乗せする。※必要とされる事業費約1 千万円/年間は市職員1 名分

 

3.4 費用対効果

初年度はくらしの行政相談員制度の試行として、実施の手法や実施対象、地域住民の意見、アンケートを踏まえ施行仕様等の改善を進める。なお、費用対効果は市職員が時間外に住民サービスを行った場合の必要経費、特殊手当て、残業手当、交通費、ストレス度合い等の総合経費から効果算定を行う。

 

3.5 行政書士とは・・・インターネット情報から

江戸時代や明治時代、代書人に求められていたのは代官所、奉行所に提出する訴状や字の書けない人に代わって代筆を行うといったものでした。その頃は現在の行政書士のように法律に関わるような案件を扱っていたわけではなく、書けといわれたものをそっくり写す程度のスタンスであったようです。もちろん代筆する為に問われる資格などもなかったでしょうし、語弊を恐れずに言うと、字が書ければ誰でも代書人になれただろうと想像できます。しかし時代の移り変わりとともにほんの些細なすれ違いでもトラブルになってしまう現代において「単なる代筆業」としての役割しか果たせない代書人ではもはや対応できないほど法律に関わる全ての事柄は複雑化しています。依頼主が望む通りの内容の書類を正確かつ迅速に作成することはもちろん、どうすれば効率的に事を運べるかについて依頼主の考えを尊重しながら、より良い方向に導くためのアドバイスを行う、といった立場が現在の行政書士には求められているのです。人と人との信頼が薄れてきたという意味合いではありませんが、一昔前にあった口約束や信用取引といった行為はほとんど通用しなくなり、今や契約書や誓約書を書面にすることはごく当たり前になってきています。また、日常においても提出する書類によっては法律の知識が必要であるにも関わらず、正しく書けているのかどうか判断がつかないといった場合もあります。それら依頼主の生活における不利益や支障を、行政書士が正確かつ的確な処理を行い取り除く、これこそが行政書士の重要な役割であると思います。「街の法律家」だとか「国民と行政の橋渡し役」と聞くとさぞかし敷居の低い職業だと思われがちですが、書類の作成も代理提出もアドバイス、サポートも行ってくれる行政書士は単なる何でも屋ではなく、現代においては重要な職業のひとつだといえるでしょう。

( 行政書士の役割 )

行政書士とは行政書士法に基づく国家資格者です。その業務は広範囲に渡ります。 まず許認可においては依頼者と行政の窓口の橋渡し役として,申請書類作成にとどまらず事業の展開,行政の動向,コンプライアンスを踏まえたうえで,依頼者の利益を守ります。また一般民事においては,遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行うことで依頼者の生活や権利を守ります。

( 守秘義務 )

行政書士は行政書士法により守秘義務が定められています(第12 条、第22 条)依頼人の個人情報は業務遂行に必要となる範囲以外に使用することはなく、漏洩なきように管理します

 

外部委託制度の施行例

4.1 公共施設の指定管理者制度・・・インターネット情報から

指定管理者制度(していかんりしゃせいど)とは、それまで地方公共団体やその外郭団体に限定していた公の施設の管理・運営を、株式会社をはじめとした営利企業・財団法人・NPO 法人・市民グループなど法人その他の団体に包括的に代行させることができる(行政処分であり委託ではない)制度である。「公の施設」にはいわゆるハコモノの施設だけでなく、道路、水道や公園等も含まれるとされている。地方自治法の一部改正で2003 6 13 日公布、同年9 2 日に施行された。小泉内閣発足後の日本において急速に進行した「公営組織の法人化・民営化」の一環とみなすことができる。各地方公共団体が定める条例に従ってプロポーザル方式や総合評価方式などで指定管理者(以下:管理者)候補の団体を選定し、施設を所有する地方公共団体の議会の決議を経ることで、最終的に選ばれた管理者に対し、管理運営の委任をすることができる。現在、地方公共団体の所有する施設のうち、下記の施設を中心に制度の導入が図られている。指定管理者の指定は地域の公益法人やNPO などが多いが、民間のビルメンテナンス会社などの指定もある。ただし、施設の運営に関して設置者が地方公共団体であることなどを求める法律(「個別法」という)がある施設や特定の者のみがサービスを享受する学校給食センターなどはこの制度から除外されたり、複数ある同種施設の業務の一部のみを「管理者が行う業務」として委任することがある。指定管理者制度が適用される施設にはプール、体育館、市民球場、テニスコート等が施行され、今後、公園関連文化関連生活関連等で拡大されてくる。指定管理者には施設を管理する上で必要な資格者、建築物環境衛生管理技術者体育施設管理士公園管理運営士建築物管理等の配置が求められている。

 

4.2 地籍調査事業の外注型委託制度

地籍調査事業(一般型、外注型)地籍調査は、国土調査促進特別措置法に基づく国土調査事業十箇年計画により、主として市町村が事業を実施しています。地籍調査のうち、一筆地調査については、市町村職員が自ら実施することを原則としていたが、平成12年度からは、調査の促進を図るため、地籍調査に関連する資格者である地籍専門技術者、土地家屋調査者、土地改良換地士を活用することが可能となり、調査の一層の促進が図られることなった。現在、松井田町で外注型委託によ地籍調査で地籍専門技術者等が一筆地調査を実施しています。なお、この制度は提案者が県国土調査担当の時に国に提案、本県で最初に試行され、全国で実施されている。

提案第12号最終回:市営ふるさと公園墓地構想

(全文掲載) 

1 提案の趣旨説明
1.1 提案の趣旨
市営墓地にお墓を建てたいという人が増えているため、市政もそれに取り組んでいるが、未だ場所が決まっていないという状況が続いています。市営墓地の地勢は交通環境や豊かな自然が四季折々に見られ、彼岸の日には家族そろってお墓参りが楽しみとなるような土地で、永眠される方が満足される自然環境だと思います。市内を自然科学機器の磁場・放射線そしてマイナスイオン測定で調査、そして地理風水から見て、霊園として松井田町高戸谷山の旧町有林小根山・土塩地区が最も適切な土地と思われたので施策提案します。

1.2 提案の説明
社会現象として一昔の核家族世代が超高齢化となり、やがて永遠の安らぎ場、墓地を求めることとなります。そのためか民間墓地造成は積極的に進められているようです。市政においても市民要望の市営墓地計画を推進するため10 年程前から場所選定が模索され、野殿、秋間、そして松井田町小竹地区で計画浮上しては断念、つい最近の小竹地区については、議会の市政報告で、市長から用地問題等で地元住民の反対があり断念されたことを知りました。
そこで市営墓地としての地勢条件を満たし、用地問題がなく、自然環境の整った適地を探したところ、横川駅より北北東に向かって車で約20 分。小根山森林公園に隣接した松井田町高戸谷山麓の『町有林小根山・土塩地区面積45ha』は自然林豊富な土地で、地勢環境が良く、頂上に御嶽大神の碑が立ち、中腹には石宮や石仏があって、信仰登山の跡を残している等から市営ふるさと公園墓地としての最も相応しい適地と考えられました。


その町有林45ha内10%、約5haを自然公園墓地として開発されたらいかがでしょうか。自然環境に囲まれた公園墓地は四季折々の自然とのふれあい、潤いと安らぎが得らます。この土地に造れば、まず①市有林内なので用地問題もない。②横川駅から約2kmで仙ケ滝まで道路が整備されている。③細野過疎地域が定住者によってお墓の永代供養管理、お墓参り案内等による通年契約の雇用形態が生まれ生活の基盤が築かれる。④お墓に来る人に地元の直売所からお花、線香そして野菜販売で過疎地が一気に活性化されるでしょう。また⑤近接の小根山森林公園、峠の湯が活況するでしょう。


なお国内で初めてになる自然の中にあるふるさと公園墓地は旧町有林面積の45万平方メートルという広大な森林の一部を開発し分譲販売するものです。市営霊園は一般的に申込時に一定用件を満たした安中市在住者に利用が限られますが、事業資金の調達の一計として、東京都など県外からの受け入れ団地を別区画で造成し、墓地分譲・販売する。一般に公開すれば軽井沢に近く、交通路で比較的高速インター近い立地条件から、関東有数の人気霊園として墓地販売に期待ができます。

 

2 市営ふるさと公園墓地とは
2.1 公園墓地の場所
公園墓地予定地の町有林小根山・土塩地区は碓氷関所跡で有名な横川から森林公園を回り、九十九川沿いに下る林道を通って土塩に至る7.9kmの中間点、高戸谷山の裾野にあり、その面積は45ha、森林全盛時代は町内中学生徒による下刈り作業で管理が行き届いていたが、今は人口林としての面影はなく、自然林に戻っている。

また地元の細野小学校の校歌に「あけゆく光り鷹戸谷を、照らせば共に草戸谷も、映えてかがやくうれしさよ」と歌われている高戸谷山は、低山であるが、市営ふるさと公園墓地イメージ頂上に御嶽大神の碑が立ち、中腹には石宮や石仏があって、信仰登山の跡を残している。麓には九十九(つくも)川の源流が流れ、松井田城落城の伝説を秘めた仙ケ滝が見られる。隣接する森林公園内には鳥獣資料館(はく製130 種450 点余)、野鳥観察小屋、展望台、遊歩道が整備されており、見本林見学や野鳥観察が楽しめる森林浴コースがある。


2.2 旧松井田町の資産、ふるさとの宝を今こそ活用を
安中市の財政は旧土地開発公社での莫大な負債を抱え、けして豊かではありません。今こそ旧松井田町の宝、町有林小根山・土塩地区、面積は45haを有効活用を行って市民に還元することが必要なのです。また土地は使われて初めてその値打ちがでるものです。森林の木材価格は低迷しています。社会、市民から要望が高く、近い将来、急成長が予測される市営墓地をこの土地に造成し、安中市の厳しい財政の立て直し策を図ってはいかがでしょうか。


2.3 碓氷川森林組合が市営墓地事業の拠点
市営墓地事業の事務所を松井田町高戸谷山麓の町有林小根山・土塩地区面積45ha林班の管理団体であり、土地を熟知している下記の碓氷川森林組合内に市営墓地事業事務所を設置し、市から出向者と一体となって計画構想のむ推進を進める。
・市営墓地大規模開発事業所
名 称 碓氷川森林組合内 市営墓地分譲部
所 在 地 群馬県安中市松井田町新堀236-21
事務 局員 職 員 5名
技 術 員 12名
※西松井田駅の増田川ダム事務所、県から譲渡の期待できるかな。


2.4 市営ふるさと公園墓地事業
市営墓地事業は安中市が事業主体となって造成、墓地販売し、必要に応じて地元細野集落の墓地管理組合が施設管理・運営していく公営墓地のことです。特徴は、宗派・宗旨を問わない点、公営であり墓地料金が安い点、地元の管理組合が行き届いている点です。
申し込みに際して、その自治体に現住所があること、お墓の承継者がいること、遺骨があることなどの資格条件となりますが、本墓地計画では一部、都会からの希望者に分譲販売する。また東京都他と提携して孤独死の方々を葬る自然墓地も併設する。なお公営墓地は安中市が所有している墓地のことです。

 

2.5 ふるさと公園墓地の定義
公園墓地とはそもそも「墓園」として墳墓を設けるために都道府県知事の許可をうけた区域の「墓地」と一体となった施設の区域のことを呼びます。
民営墓地や比較的新しい公営墓地で、墓地全体に芝生や樹木・草花などを植えて環境を整備し公園化した墓地を公園墓地と呼ぶのですが、このふるさと公園墓地は墓地全体が自然林に包まれた安らぎの場であり、公園墓地には緑地や広場が整備され、近接の小根山森林公園で野鳥とふれあい、峠の温泉地では露天風呂に入ることの出来る霊園となります。なお、分譲墓地は田舎から上京し都会で亡くなった方が『ふるさと』を思い、この地に埋葬を願いを叶える名称としています。

またお墓を購入される方にも毎年のお墓参りに明るい雰囲気や多少の娯楽性を求められている方が増え、軽井沢に近いという立地条件からふるさと公園墓地の需要が増えてくるでしょう。
公園墓地では購入者の檀家という資格制限がなかったり、宗旨・宗派を問わないところが多いので条件を気にせず選ぶことが出来るので、霊園選びで人気は高まるでしょう。
更に霊園施設としても駐車場の完備や法要施設の充実なども整備されると公園墓地の人気に拍車をかけてきます。
公園墓地域内の管理に手間が掛かりますが、地元住民の管理組合に管理を委託することから、永代使用料が安く管理が可能となります。

 

2.6 ふるさと公園墓地の規模
市営墓地公園5万平方メートルは、この高戸谷山の裾野をふるさととして、永遠の心のよりどころを基本理念に計画されます。1区画は3㎡ながら、囲いのない芝生墓所であり、周囲の緑に囲まれた環境は、永遠のやすらぎの場として親しんでいただけます。
公園面積5haの内、お墓の計画面積は墓数で5千基が設置可能ですが、市の人口約6万人にもとづいて算定した約1.5万坪、2千基を計画しております。余所地は数年先まで見込んだ開発予定地と県外からの受け入れ団地を別途造成し販売する用地。そして孤独死の方々の自然埋葬地として確保したい。


2.7 ふるさと公園墓地の事業予算
事業は以前、市土地開発公社で大々的に土地分譲した実務経験を生かし、山林の大規模開発手続き、地元調整を進め、その後墓地計画、墓地分譲図に基づき区画販売し資金調達後に土地造成、墓地区画権利者に引き渡すことになります。
最初は1 団地2千基、事業費5 億円。需要に応じて2 期、3期分譲5千基と拡大を図る。全体計画費約12 億円。すべて計画図段階で図面上の墓地区画分譲販売から調達する。また東京都と提携し都民の墓地分譲団地を造成するための資金援助5 億円以上をに期待したい。
なお休憩所(管理事務所)の建築材料はすべて現地の杉木を製材し活用する。


3. 公園墓地は良い気場か
提案者が現地に入り、環境機器から地勢を測定しました。
・大地放射線値 0.24 市内の3 倍
・マイナスイオン値 仙ケ滝 93.300 個 市内の12 倍、高戸谷山裾野2.250 個 市内の3 倍
・地磁気測定 磁場旺盛
その結果、大地からのパワーは市内一般地と比較して高いと推測された。
また土地(地質)・場所・気候などの自然条件により、その場所の大地から人間(生物)に与えるパワー(気・生活エネルギー・運勢・健康)があり、良い気場は地勢条件になります。
① 日当たりが良い事。/公園墓地は山麓の南東に位置し、緩傾斜地形から日照時間が長い。
② 地盤が固い事。/基盤は火成岩類 安山岩溶岩であり固い。
③ 水はけが良い地盤である事。/山麓と不透水基盤から水はけが良い。
④ 周辺に樹木がある事。/野鳥の森があり、自然林があり静寂に包まれている。
⑤ 風とおしが良い事。/小根山から吹き下ろす風で夏は快適
⑥ 豪雨がきても浸水の心配がない場所である事。/地形的にも全く心配なし。
⑦ 年間を通して気候が良い事。/小学校の校歌に「光り照らせば草木、映えて輝く大地と」と歌われている。
⑧ 首都圏への交通が便利がいい事。/高速道路松井田インターより約30 分。
⑨ 空気がきれいな事。/自然美豊かで野鳥の宝庫、これ程空気がきれいな所はない。
⑩ 水道水が軟水でなく、硬水である事。/湧水は安山岩溶岩を通過しているので軟水でそのまま飲める。
⑪ 年間通して、湿度が低く乾燥地帯である事。/地形勾配からも乾燥地。
⑫ 交通の便が良い事。/横川駅より20 分、利用者の状況に応じて道路整備も可能。


4.公営墓地
4.1 公営墓地のメリット
①自治体が運営しているため、経営に安定性がある。
②石材店を自由に選ぶことが出来る。
③お墓を購入する時に、宗旨・宗派を問われない。
④永代使用料や管理費が安く設定されていることが多い。
⑤霊園付近に、お花や線香を販売している石材店があることが多く、お墓参りをするのに便利。

 

4.2 公営墓地のデメリット
①抽選になることが多く、当選しなければ購入することが出来ない。
②当選しても、建てる場所を指定され、好きな場所に建てることが出来ない場合がある。
③郊外に立地しているところが多い。
④1区画が広いので、墓石工事代金が高額になってしまうことがある。

 

5 ふるさと公園墓地至る交通網整備
・起点:信越線横川駅(安中市横川)→ 終点:安中市松井田町土塩
・市営墓地巡回バス
横川駅→市営墓地経由→西松井田駅までシャトルバスを運行させる。このバスは過疎集落の乗り合いバスにもなります。
・管理棟兼地元直売所
供花・線香販売・・・・・・通年
地元農家が施設栽培で花卉、お花・格安のお線香の販売をいたしております。
お花1束(3種類) 500円・800円・1,000円 樒(しきみ)1束 300円
お線香 細巻 1把30円、太巻 1把50円等
・墓石用の水は清らかな沢水、御嶽大神水をご自由に入れ物セットご提供します。
休憩所(旧管理事務所)・・・土・日、祝日、お盆・お彼岸時期
・墓所位置案内
管理棟に常駐する地元墓地管理組合員が地域観光名所コース、小根山森林公園へのみち、仙ケ滝ガイドを含めて行っています。

 

6 期待される効果
・市営によるふるさと公園墓地は長年の市民要望に応えるもので、その達成効果、また市営による一部都会人向けの墓造成として安中市の知名度が高まる事業効果。
・旧松井田町の宝、松井田町高戸谷山麓の『町有林小根山・土塩地区面積45ha』は有効に活用されて、その値打ちでるものだ。山林は木材産出の他に時代の要望に応えることで、役目を果たすことができる有効活用効果・安中市は過去に土地開発公社で数十億円の負債を抱えている。この事業によって、多少は負債が解消できる効果。


墓地の適地・・・インターネットより、一部加筆
形法風水では、大地における気の流れを重視し、龍脈からの気の流れが阻害されておらず、運ばれてきた気が溜まり場になっているような土地に都市や住宅を建造しなければならないとする。そうすることによってその地方や一家に優秀な人材が輩出され、冨にも恵まれると考えた。陰宅すなわち墳墓も同様であり、祖先がいる場所が子孫に影響を与えるとし、土地がよければ子孫は繁栄し、悪ければ没落すると考えられ、韓国、台湾では競って聖霊土地を探している。
風水(ふうすい)は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想。「堪輿(かんよ)」ともいう。風水では都市や住居(すなわち生者の居住空間)を「陽宅(ようたく)」、墳墓(すなわち死者の居住空間)を「陰宅(いんたく)」と呼んで区別している。そのよろしきを得れば、死者は永く幸を受け、生者はその子孫繁栄するという。

モン・サン・ミッシェル修道院
モン・サン・ミッシェル修道院
トルコ モスク
トルコ モスク